スポンサーリンク

【トイ・ストーリー/バズ徹底考察】人生の絶望に直面したバズは、そこからどう立ち直ったのか

トイ・ストーリー

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリーバズ

について考察したいと思います!

 

バズといえばかっこよくて頼れるトイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

東京ディズニーランドでもバズのアトラクションができるほど大人気です!

 

そんなバズですが、実は‘‘人生が終わったと思うようなとんでもない絶望‘‘を経験しているのをご存知でしょうか?

 

それはいったいどんな出来事なのでしょうか。

 

そしてどのようにしてバズはそこから立ち直ったのでしょうか。

 

そのようなことを含めて考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

バズの基本情報

  • 名前:バズ・ライトイヤー (BUZZ LIGHTYEAR)

 

  • 声:所ジョージ (原語版:TIM ALLEN)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • 宇宙飛行士型のおもちゃで様々なボタンが付いており、しゃべったり翼を広げたりする

 

  • アンディの誕生日プレゼントとしてやってきた

 

バズのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

バズは根っからのスペースレンジャー!!

 

バズは登場した時からスペースレンジャーです。

 

その姿はスペースレンジャーのプロそのものです。

 

バズは、自分のスペースレンジャーとしての目的は、

 

‘‘悪の帝国ザーグの侵略から銀河の平和をまもること’’

 

と言っています。

 

その目的を達成するためだけにバズは行動しているようです。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • 何かあるとすぐにスターコマンドに連絡する

 

  • 宇宙に帰るために、時間を見つけては船(自分が入っていた箱)の修理に取り掛かる

 

  • ピザプラネットでは宇宙に帰るための宇宙船を常に探している

 

  • UFOキャッチャーのクレーンがこの船の司令官だと言われたので、シドに取られる時もいっさい抵抗しない

 

これらの行動を見ていると、バズはおもちゃではなく‘‘本当にスペースレンジャー‘‘なのではないかと思ってしまうほどの徹底ぶりです。

 

バズの発言をまとめると、バズにとって

アンディの部屋は未知の惑星であり

 

ウッディはその惑星の保安官であり

 

他のおもちゃたちはその惑星の住人であり

 

アンディはその惑星の指揮官

 

なのだと思います。

 

ウッディがアンディのお気に入りの座を巡ってバズを敵視していることも、スペースレンジャーであるバズにとってはどうでもいいことなようです。

 

バズはウッディから「これ以上アンディに近づくんじゃない」と言われた時は「いったい何の話だね」と流していましたが、「宇宙飛行士の真似事はいい加減にやめろ」と言われた時は表情が変わり、「スペースレンジャーに対する苦情かねそれは」と言い返していたことからも、そのことが伝わってきます。

 

映画内では様々なキャラクターが登場し物語が進んでいきますが、バズにだけ注目して見てみるとバズが根っからのプロのスペースレンジャーであることがよくわかって面白いと思います!

 

信じてきたことが間違っていたと知る絶望感

 

そんなバズですが自分のテレビコマーシャルを見て、自分がスペースレンジャーではなくおもちゃであるということを知ります。

 

ですがバズはそれを信じたくなくて2階から飛ぶことを試みますが、当然飛べずに落下してしまいます。

 

ここでバズは、本当に自分はスペースレンジャーじゃないことを自覚したのだと思います。

 

 

この出来事はバズにとって相当苦しいことだと思います。

 

信じて疑わず、そのことだけを見て、そのことだけの為に生きてきたのにそれが一気に崩れてしまったのです。

 

この状況をバズはこう言っています。

 

 

「もうおしまいだ。全部終わり。

 

スペースレンジャーの訓練が全部無駄になってしまった。」

 

 

こう言った後、バズは意気消沈してしまいます。

 

‘‘絶望‘‘という言葉が当てはまる気がします。

 

そしてこのようなことは大小あれど、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

 

現実への絶望と先が見えないことへの不安と恐怖

 

 

それを感じたバズを思うととても辛くなります。

 

ウッディの生き方がバズの心を変える

 

絶望になり意気消沈していたバズですが、あることをきっかけに前向きになりウッディと共にアンディのもとへ帰ろうとします。

 

いったい何がバズを前向きにさせたのでしょうか。

 

それは、‘‘ウッディの言葉‘‘だと思います。

 

ウッディは落ち込むバズにこのようなことを言います。

  • 「落ち込むことなんてない。おもちゃってのはスペースレンジャーよりずっといいもんだ。」

 

  • 「アンディはあんたを最高だと思ってる。でもそれはスペースレンジャーだからじゃない。あんたがおもちゃだからだ。アンディのおもちゃだからだ。」

 

  • 「あんたはバズ・ライトイヤーだ。あんたみたいになれたらってみんな思ってる。輝く翼、暗闇で光るレーザー、いかしたセリフ、ヘルメットだってプッシュと動いてかっこいい。最高にクールなおもちゃだ。」

 

自分のことが嫌になり落ち込んでいる時に自分のことを褒めてくれて認めてくれて、バズは嬉しかったのではないかなと思います。

 

 

そしてウッディが「アンディは俺なんか必要ない。あんたさえいればな。」と言った時、バズの目が変わります。

 

何かに気づいたように目を見開いてウッディのことを見ます。

 

このときバズは何を悟ったのでしょうか。

 

 

これは推測ですが、

 

‘‘自分はスペースレンジャーだということを誇りに思い、そのために生きていた‘‘

 

のと同じように、

 

‘‘ウッディはアンディのおもちゃだということを誇りに思い、そのために生きている‘‘

 

ことに気付き、自分と同じだと思ったのではないかなと思います。

 

そして、持ち主であるアンディのことをこんなにも大切に想っている姿に感動したのではないでしょうか。

 

 

その後にバズが足の裏のアンディの名前を見るシーンがあります。

 

これは‘‘自分はアンディのおもちゃなんだ‘‘ということを受け入れ、

 

‘‘これからはおもちゃとして生きていこう‘‘というバズの決心の描写だと思います。

 

 

そしてバズはウッディに「アンディは君を必要としている」と言います。

 

このセリフは、‘‘こんなにも持ち主のことを大切に想っている存在はアンディには必要だ‘‘と感じたからこその発言だと思います。

 

 

ウッディの言葉がバズを勇気づけ、アンディのことを大切に想うウッディの姿が、バズがおもちゃとして生きていくことを決心させたのだと思います。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】ウッディが抱えた辛く悲しい気持ちと、そこからの変化の考察

 

おもちゃとして生きるバズ

 

その後のバズの言動は、以前のバズからの変化が見られます。

ウッディが犬のスカットに噛まれたときには、自分がトラックから降りスカットに攻撃をしウッディを助けます。

 

今までのバズならば、スペースレンジャーの任務としてウッディを助けていたと思います。

 

ですがこの時のバズは、‘‘アンディにはウッディが必要だ‘‘という想いから、自分の身を投げ出してまでウッディを救ったのだと思います。

ウッディが「バズ、飛んでるぜ」と言ったのに対し、バズは「飛んでるんじゃない。落ちているだけだ。格好つけてな」と言っています。

 

今までバズは、ウッディに「あんなの飛んだんじゃない。格好つけて落ちただけだ」と言われるたびにそれを頑なに否定してきました。

 

ですがこの時のバズは、ウッディの言っていたことをそのまま自分で言っています。

 

これはバズが、ウッディの言っていたことは正しかったと認識し、自分はおもちゃだということを受け入れたからだと思います。

 

 

そして映画のラスト、クリスマスパーティーのシーンでバズはヘルメットを開けっ放しています。

 

この点も変化の1つですね。

 

そしておもちゃらしく、プレゼントの中身の無線に耳を傾けています。

 

しかしバズにとっては、新しいおもちゃが来るか来ないかは大した問題ではないのかもしれません。

 

それはきっとウッディの姿を見て、持ち主であるアンディのことを大切に想う気持ちが大事だということに気付いたからではないかなと思います。

 

まとめ

 

トイ・ストーリーのバズについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

自分が信じてきたことが間違いだったと知り絶望してしまったバズでしたが、現実を受け止め新たな一歩を踏み出した勇気に感動しました。

 

そしてバズを励まし勇気付け、おもちゃとしての姿を見せたウッディを見て、自分にとっての大切な存在(家族、友達、恋人、ペットなど)がいてくれるから自分が自分らしくいられるんだなと思い、今以上に感謝しようと思いました。

 

この記事を通して、バズを、トイ・ストーリーを、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味をもってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリーを作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー2】バズのウッディに対する熱い想い ~1作目からの変化~

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3】バズのともだちを大切に想う心と、だからこそ抱える様々な苦悩

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    バズの気持ちになって映画を見たことがなかったから、たくさん発見があって面白かった!