スポンサーリンク

【トイ・ストーリー/Mr.ポテトヘッド徹底考察】なぜMr.ポテトヘッドはいつも気が立っているのか

トイ・ストーリー

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリーMr.ポテトヘッド

について考察したいと思います!

 

Mr.ポテトヘッドといえばトイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

東京ディズニーリゾートではポップコーンバケツになるほど大人気です!

 

そんなポテトヘッドですがいつも何かにイライラしていて気が立っているのをご存知でしょうか?

 

ポテトヘッドはなぜそのような状態になっているのでしょうか。

 

そのようなことを含めて考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

Mr.ポテトヘッドの基本情報

  • 名前:Mr.ポテトヘッド (MR.POTATO HEAD)

 

  • 声:名古屋章 (原語版:DON RICKLES)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ジャガイモのおもちゃで、胴体に目や鼻などのパーツを付け替えて遊ぶことができる

 

  • アンディのおもちゃ

 

Mr.ポテトヘッドのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

ポテトヘッドはトイ・ストーリーのキャラクターではない

 

突然何を言いだすんだ??となると思いますので説明していきます。

 

実はポテトヘッドはトイ・ストーリーのキャラクターではなく、もともと実在するおもちゃなのです。

 

アメリカのおもちゃメーカーが最初はパーツだけを世に出し、様々な野菜に付けて遊ぶことができました。

 

その後プラスチック製の物が発売され、徐々に今の形に近づいてきたのです。

 

トイ・ストーリーに出演する前から非常に人気が高く、トイ・ストーリーに出演したことでさらに多くの人に愛されるようになりました!

 

ポテトヘッドのことをもっと詳しく知りたい方は、Mr.ポテトヘッドの公式サイトをご覧ください!

 

ちなみにスリンキー・ドッグも、もともと実在するおもちゃなんですよ!

 

なぜポテトヘッドはいつも気が立っているのか

 

そんなポテトヘッドですが、劇中ではずっと心に余裕が無いように感じます。

 

何かにイライラしてるのか言葉づかいも悪く、それに少し乱暴です。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • ミーティングの時、だるま君を手荒に押している

 

  • 無線を聞く時もレックスとスリンキーを手で押しのけている

 

  • レックスが無線機を落とした時は「何すんだよ!聞けなくなったじゃねえか!このー!」と怒鳴っている

 

  • 引っ越しのペアがレックスになった時も「なんでおれの引っ越しのペアがお前なんだよ!」と怒っている

 

なぜこのような行動をするのでしょうか。

 

 

これは推測ですが、寂しさが原因なのではないかなと思います。

 

Mr.ポテトヘッドはごっこ遊びのとき悪役をさせられていましたが、本当はウッディのように正義の役をしたかったのではないでしょうか。

 

そしてウッディのようにアンディのお気に入りになりたかったのではないでしょうか。

 

悪役をさせられたあげくその後はモリーの相手をさせられてよだれでベトベトになり、ベッドの柵に叩き付けられていました。

 

おもちゃとしてもっと大切にしてほしかったのではないでしょうか。

 

 

実際にポテトヘッドはこのように言っています。

 

「対象年齢は3歳以上って箱にちゃんと書いてあったろ!おれに赤ん坊の相手をさせるなってば!もう!」

 

この発言も寂しさからくる怒りのような気がするのです。

 

憧れからくる嫉妬

 

いきなりですが、トイ・ストーリ1作目のウッディは最初は比較的みんなから信頼されています。

 

ですがバズを窓から落としたことによって徐々にその信頼を失っていきます。

 

 

しかし…

 

 

ポテトヘッドだけは最初からウッディに対して当たりが強いのです。

 

先程も書いたように基本的に気が立っているポテトヘッドですが、ウッディに対しては特に当たりが強いように感じます。

 

そのことがわかるウッディへの発言はこちらです。

  • 「そりゃウッディは心配ないさ!なんたってアンディのお気に入りだからな!」

 

  • 「ところがそのちょっとした間違いがあんたの命取りだったりして。」

 

  • 「沈んだダサい音しかしないけどな。」

 

  • 「やきもちだろ。何カリカリしてんだよ!」

 

  • 「そうさ、屋根裏部屋とかな!」

 

これはウッディがバズを窓から落とす前の発言です。

 

何かウッディに恨みがあるような態度に見えます。

 

 

これもまた推測なのですが、やはりさっきも述べたようにウッディのポジションへの憧れが、嫉妬になって出てきているのではないかなと思います。

 

 

ウッディがバズを消した時、ポテトヘッドはウッディに対して論じ、責めます。

 

ポテトヘッドの言っていることは分かるのですが、それにしてもあの責め方は日頃の不満が爆発したようにも見えます。

 

そしてポテトヘッドもまた、ウッディのことを処刑しようとするのです。

 

「背中の紐で吊るしちまえー!やっちまえ!やっちまえ!」と言いながら責め寄り、その後スケッチに首吊り縄の絵を描いています。

 

バズを消したウッディを許せなくてウッディを消そうとするのは、さすがにやりすぎのように思うのです。

 

ですが、そこまでしてしまうほどウッディのポジションに憧れていたのかなと思うと、それぐら寂しかったのかなと思いました。

 

反省しているのかもしれないポテトヘッド

 

そんなポテトヘッドが‘‘反省しているのかな?‘‘と思えるシーンが少しだけあります。

 

それは映画終盤、ウッディを助けようとスリンキーが伸びきってしまいおもちゃたちがそのスリンキーを元に戻している時です。

 

みんながスリンキーを心配そうに見つめる中、ポテトヘッドだけ蛇のおもちゃの背中辺りを見つめて何かを考えるようにボーっとしています。

 

 

何を考えているのか明確には分かりませんが、

 

‘‘今までウッディに強く当たってきたこと‘‘

 

そして、

 

‘‘ウッディの声に耳をかたむけることなく疑い、窓からコードを落としたり、トラックから放り出してしまったこと‘‘

 

を反省していたのではないかなと思います。

 

ポテトヘッドにとっての大切な存在

 

そんな気が立っているポテトヘッドですがハムとは気が合うようで、トランプやおもちゃで遊んだりしています。

 

それにポテトヘッドが怒る場面では大抵ハムも怒っているので、怒るポイントも気が合うようです。

 

ポテトヘッドにとってハムは気が合う大切な存在のようですね。

 

 

そして、望んでいたMrs.ポテトヘッドが映画のラストにクリスマスプレゼントとしてやってきたので寄り添い合う相手ができてよかったなと思います。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】ハムだけが持っている視点と、頭の切れ味についての考察

 

まとめ

 

トイ・ストーリーのMr.ポテトヘッドについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

いつも気が立っているポテトヘッドですが、憧れや寂しさから来るものなのかなと思ったらとても共感でき、辛かっただろうなと思いました。

 

ですがその結果やりすぎてしまったわけなのでそのことを反省していると願い、

 

そして寄り添い合えるMrs.ポテトヘッドという存在もできたわけなので、トイ・ストーリー2での彼の変化に注目したいなと思いました!

 

この記事を通して、Mr.ポテトヘッドを、トイ・ストーリーを、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリーを作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー2】Mr.ポテトヘッドの気持ちの変化と、残念なところの考察

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3】Mr.ポテトヘッドと様々なキャラクターの関係性の変化や、怒りの感情などの考察

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    ポテトヘッドはいつも怒っていて良くない印象でしたが、考察してみて彼の気持ちがわかった気がしました。安心しました。