スポンサーリンク

【トイ・ストーリー2小ネタ集】カーズのフロー、PIXARの名前の由来、トイ・ストーリー・マニアのモデルなど盛りだくさん!!

トイ・ストーリー2

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー2小ネタ

を紹介したいと思います!

 

前作のトイ・ストーリーも多くの小ネタがありましたが、トイ・ストーリー2はそれをはるかに上回る量でした!

 

すべてをまとめて記事にするのが大変でした(*‘ω‘ *)!

 

それくらい盛りだくさんで詰まっているので、興味がある方はぜひご覧になってください!

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

バズのゲームの小ネタ集

 

映画が始まってすぐ出てくる文字‘‘ガンマ星域 セクター4‘‘とは、前作でバズがアンディの部屋に来た時に自己紹介で言っていた自分の任務場所です。

 

そして、ザーグの基地にはザーグの頭文字である‘‘Z‘‘が随所に見られます。

  • ‘‘Z‘‘型に割れる地面

 

  • バズが進んで行く通路の形も‘‘Z‘‘

 

  • バズがトゲに追いかけられて脱出した扉の閉まり方が‘‘Z‘‘

 

ザーグのエネルギーを獲得するためにバズが空中に浮かぶ丸いタイルを渡って行く時に途中で落下してしまったのは、丸タイルに両足で乗ってしまった為だと思われます。(落ちる前は片足ずつ乗っていた)

 

任天堂のスーパーファミコンが登場

 

レックスがバズのゲームをプレイしている時に手にしているコントローラーは、任天堂のスーパーファミコンのコントローラーに非常に似ています。

 

ボタンの配色は違いますが、それ以外はまったく一緒です。

 

 

アンディの部屋の変化

 

アンディの部屋の様子に前作からの変化がいくつか見られます。

 

まず、壁にアンディが描いたであろう‘‘ウッディとバズが握手している絵‘‘が貼られています。

 

この絵は前作では確認できなかったので、ウッディとバズに対するアンディの気持ちの変化がわかります。

 

それともう1つ、前作では無かった‘‘テレビ‘‘‘‘ゲーム機‘‘が置かれています。

 

アンディがおもちゃで遊ぶだけでなく、テレビを見たりゲームをするようになったという趣味の幅が広がったことを感じさせます。

 

ちなみにテレビには恐竜のシールが貼ってあり、恐竜にハマっているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

バグズ・ライフ

 

トイ・ストーリー2には‘‘バグズ・ライフ‘‘に登場したものが出演しているシーンがいくつかあります。

 

ちなみにバグズ・ライフとは、トイ・ストーリー2の1つ前に公開されたPIXAR長編アニメーションです。

 

バグズ・ライフの出演シーンはこちらです。

  • アンディの部屋の壁にバグズ・ライフが描かれたカレンダーが貼ってある

 

  • 耳を無くしたMrs.ポテトヘッドが、バグズ・ライフのシーンが描かれた本を読んでいる

 

  • アルズ・トイ・バーンにバグズ・ライフのキャラクターたちのおもちゃが売られている(上から、フリック、フランシス、タック&ロール、ディム、ハイムリック)

 

  • 映画最後のクレジットの時に流れるNG集に、バグズ・ライフのフリックとハイムリックが出ている

 

 

ちなみにアルズ・トイ・バーンには、他にも見慣れたおもちゃが売られています。

 

  • 前作でバズが部屋を飛ぶ際に引っかかった飛行機のおもちゃ

 

  • 前作で「棚の上、聞こえてるか?」と聞かれて手を振っていたクマのぬいぐるみ

 

 

これらを探しながら見てみるのも面白いかもしれません(*^^*)

 

 

スターコマンド

 

おもちゃでのごっこ遊びの時、バズが飛び出してくる箱には‘‘STAR COMMAND‘‘と書かれています。

 

スターコマンドとはスペースレンジャーの本拠地的な場所の名称です。

 

アンディのこだわりが伺えます。

 

夢だとわかる伏線

 

ウッディの夢の中では、レックスやスリンキーらが遊んでいるトランプがすべて‘‘スペードのA‘‘になっています。

 

ですので鋭い人はこの時点で現実ではないということに気付くことができるでしょう。

 

ブルズアイの顔付き棒

 

ウッディの夢の中でアンディがまたがっているブルズアイの顔が付いている棒は、ジェシーの回想シーンで出てくるエミリーの部屋にも置いてあります。

 

ふたりともラウンドアップが大好きなのがわかりますね。

 

スポンサーリンク

 

モリーの成長

 

前作ではアンディに抱っこしてもらっていたモリーですが、今作では歩けるようになっています。

 

モリーの成長を感じることができます。

 

カーズのフロー

 

アルが乗っている車が何かに似ていると思いませんか?

 

というのも、私はアルの車が‘‘カーズのフロー‘‘にしか見えないのです。

 

フローというのはカーズに出てくるキャラクターで、ガソリンスタンドを経営しているエメラルドグリーン色の車です。(フローの検索結果)

 

アルが乗っている車は色は多少違うのですが、形はフローそのものです。(アルの車の検索結果)

 

テレビに映るものたち

 

前作ではPIXAR短編映画のタイトルが登場していましたが、今作ではその短編映画の映像が登場しています。

 

それは、ハムが高速でテレビのチャンネルを変えている時です。

 

テレビに映っている映像が、PIXARが過去に作った短編映画の映像です。

 

確認できるものは、『ティン・トイ』『ニックナック』『レッズ・ドリーム』『ルクソーJr.』です。

 

 

 

そしてなんと!このシーンにはさらにさらに貴重な映像が映っています!

 

それはなんと!PIXARの会社の名前の由来になった物です!

 

 

その名も‘‘PIXARイメージコンピューター‘‘

 

 

正式には‘‘PIXARイメージコンピューターのロゴ‘‘が映っています。

 

この‘‘PIXARイメージコンピューター‘‘というのは、まだPIXARという会社ができる前に作られたコンピューターです。

 

処理速度と解像度を高めるために、エド・キャットマルらが開発しました。

 

ちなみにエド・キャットマルという人は、ジョン・ラセターとスティーブ・ジョブズと共に今のPIXARを設立した偉大な人です。

 

PIXARイメージコンピューターは当時最も高性能なグラフィックスコンピューターでした。

 

高解像度の画像を3Dに変換することができ、医療分野や衛星写真の分析に使われました。

 

このPIXARイメージコンピューターのロゴがテレビ画面に映っているのです!

 

背景が黒で、真ん中にグレーの四角が映っており、その下に小さなカラフルの丸が4つ並んでいます。

 

これが‘‘PIXARイメージコンピューターのロゴ‘‘です。

 

ただ本っ当に一瞬しか映らないので、スローにするか、まぐれの一時停止を狙って頑張って挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

ですがそれをするより、GoogleでPIXARイメージコンピューターを検索した方が早いかもしれませんね(´・ω・`)

 

検索結果>>>PIXARイメージコンピューターの検索結果

 

スポンサーリンク

 

トイ・ストーリー・マニア!のモデル

 

突然ですが、東京ディズニーシ―にある‘‘トイ・ストーリー・マニア!‘‘というアトラクションはご存知でしょうか?

 

このアトラクションは入り口の形がとっても特徴的です。

 

ウッディの顔面が大きく構えてあり、私たちはウッディの口からアトラクション内部へ入って行きます。(トイ・ストーリー・マニア!公式サイトの画像3枚目参照)

 

この入口のモデルになったと思われるものがトイ・ストーリー2の中に出てきます。

 

ですが、正式にこれをモデルにしました!というのは聞いたことがないので、はっきりと言い切ることはできません。

 

が、トイ・ストーリー・マニア!ができた当初から思っていたので、今回書くことにしました。

 

それは、ウッディがラウンドアップのグッズたちを見ているシーンで出てくるグッズの1つに似ているのです。

 

それは、ウッディが「あぁ、輝く歯」と言ってボールを投げた先にある、ウッディが少し不気味な表情で歯を出してにっこり笑っているあのグッズこそ、トイ・ストーリー・マニア!の入口のモデルだと思うのです。

 

これも画像を載せれないのが悔しいです(+o+)

 

気になる方はぜひ映画を見てみてください(*´ω`*)

 

ウッディをなおした修理屋の正体

 

アルに頼まれてウッディを修理した人は、PIXARの短編映画『ゲーリーじいさんのチェス (原題:Geri’s Game)』に出てくるゲーリーです。

 

修理セットの引き出しの中に、チェスの駒だけが入っている引き出しが確認できます。

 

 

スポンサーリンク

 

バズがNewバズに驚くシーンは、前作のあのシーンに似ている

 

アルズ・トイ・バーンのバズ売り場で、バズがNewバズを後ろから見て驚くシーンがあります。

 

これは前作でウッディがバズを初めて見るシーンに非常に似ています。

 

足元の後ろから見上げて驚いているし、アングルもそれそのものです。

 

ぜひ見比べてみてください。

 

ウッディとジェシーの共通点

 

ウッディとジェシーには多くの共通点があります。

  • 持ち主の1番のお気に入りですごく愛されている

 

  • 持ち主が格好を真似している

 

  • 部屋も自分一色にしてくれている

 

  • 持ち主に話しかけられている

 

  • いつも一緒に過ごしている

 

  • ベッドから落とされてしまう

 

ウッディがジェシーの過去に共感できるようにあえて似ている点をたくさん描いたのだと思います。

 

頑張りが見えるおもちゃたち

 

ウッディを助けにアルの部屋に来たおもちゃたちはみんな汚れています。

 

外の世界を危険を冒して助けに来たことがよく伝わってきます。

 

頑張ったみんなに拍手を送りましょう!

 

スポンサーリンク

 

アルという人物

 

アルはチーズスナックが大好きなようで、チーズスナックが大量に入ったボールを抱えながら寝るほどです。

 

それだけにとどまらず、ウッディが入れられたカバンの中や車のトランク、車の助手席、オフィスにまでチーズスナックが落ちています。

 

いつでもどこでもチーズスナックなのが伝わってきます。

 

しかも相当なお金持ちのようで、23階建てのマンションの最上階に住んでいるし、お店の周りに雰囲気づくりのためなのか巨大な壁を設置しています。

 

さすがアルズ・トイ・バーンの社長、相当人気のお店のようです。

 

それに、アルズ・トイ・バーンのイメージキャラクターであるオーバーオールを着たニワトリがデザインされている腕時計をしています。

 

特注の腕時計を作るというのも、お金持ちなのを物語っています。

 

アルのいろいろ

 

アルのいろいろな部分を紹介していきたいと思います。

 

まず自分がニワトリになりきりCMに出演し、商品を卵で産むという演出が斬新だなと思います。

 

インパクト作戦なのか一度見たら忘れないCMですね。

 

 

映画終盤に車で空港に向かうシーンでは、第三通行帯から強引に左折しているのが危険極まりないなと思いました。

 

道路の1番左の車線を第一通行帯と言い、その右隣の車線が第二通行帯というのですが、左折する時はできるだけ左によるのが基本です。

 

それは巻き込み事故を未然に防ぐためです。

 

ですがアルは第三通行帯から左折しているので、第一第二通行帯を走っている車とぶつかってもおかしくない状況です。

 

とても危険で怖い運転です。

 

このような運転は決してしてはいけません。

 

 

そして最後には町1番の大安売りをして、何でもかんでもたったの1ドルで売るというとんでもないセールをしています。

 

1ドル何円かは日々変動していますが、だいたい100円前後だと思います。

 

アルズ・トイ・バーンにはいろんなおもちゃが置いてありましたが、あれを全部100円で売るとはとんでもないサービス精神だと思います。

 

アルという人物は謎が深まるばかりです…

 

スポンサーリンク

 

おまけ:後ろの人たち

 

バズたちが三角コーンで道路を渡った後、大変なことになっている道路状況の中にいる人たちを見てみると発見があります。

 

三角コーンに従ったせいで後ろからぶつかってしまった車の運転手が前の車の運転手に話しに行こうとすると、前の車の運転手が降りてきて激しく責められていて気の毒になりました。

 

しっかり三角コーンに従ったのにかわいそうです。

 

 

もう1つ、バズたちがペット用キャリーケースに入って空港に潜入する時、後ろの待合席のような所にいる男女のきょうだいっぽい人たちに注目すると発見があります。

 

最初はふたりで楽しそうに遊んでいるのに、いきなりお兄ちゃんらしき人が妹らしき人の頭をブッ叩きます。

 

この数秒の間に何があったのでしょうか。

 

お兄ちゃんがいきなりおかしくなったのか、本気でガチの叩いてかぶってジャンケンポンをしていたか、どっちかだと思います。

 

まとめ

 

トイ・ストーリー2の小ネタを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

知っていたもの、知らなかったものがあったかと思いますが、楽しめていただけたら嬉しいです(*´ω`*)!

 

この記事を通して、トイ・ストーリー2を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー2を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

トイ・ストーリー1作目の小ネタ集の記事>>>【トイ・ストーリー小ネタ集】PIXAR短編タイトル、バズの著作権、アンディとシドの共通点と相違点など盛りだくさん!!

トイ・ストーリー3の小ネタ集の記事>>>【トイ・ストーリー3小ネタ集】約30個!! ウッディのメモ、伏線、著作権問題、カーズやニモなど盛りだくさん!!

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    すごい量で驚きでした(゚Д゚;)

    長編3作目でこんなに詰め込んでくるなんてさすがPIXARですね!!