スポンサーリンク

【トイ・ストーリー2/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの生きる目的と、最後にアンディのおもちゃになった理由などの考察

トイ・ストーリー2

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー2リトル・グリーン・メン

について考察したいと思います!

 

リトル・グリーン・メンといえば、トイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

東京ディズニーリゾートでは、‘‘リトルグリーンまん”という大人気商品があるほどです!(リトルグリーンまん公式サイト)

 

そんなリトル・グリーン・メンですが、彼らの生きる理由はご存知でしょうか?

 

リトル・グリーン・メンたちが生きる理由は、命の恩人であるMr.ポテトヘッドに感謝を永遠に伝えることだと思います。

 

なぜそう感じたのか、徹底的に考察していきたいと思います。

 

また、リトル・グリーン・メンとバズの関連性や、リトル・グリーン・メンの服の秘密、そしてなぜ、リトル・グリーン・メンたちは最後にアンディのおもちゃになったのかについても、徹底的に考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

リトル・グリーン・メンの基本情報

  • 名前:リトル・グリーン・メン (LITTLE GREEN MEN)

 

  • 声:1作目:落合弘治、2作目:桜井敏治 (原語版:JEFF PIDGEON)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ピザ・プラネットのおもちゃで、ピーピー音が鳴る

 

リトル・グリーン・メンのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

スポンサーリンク

 

トイ・ストーリー1作目のリトル・グリーン・メン

 

トイ・ストーリー1作目のリトル・グリーン・メンは、ウッディとバズがアンディを追って行き着いたピザ・プラネットのクレーンゲームの景品でした。

 

その時のリトル・グリーン・メンはバズに「よそ者、外から来た」と言っていましたが警戒している様子はあまりなく、その後はバズに近寄り手を振っていたりしていました。

 

リトル・グリーン・メンはバズと以下のような共通点があります。

  • どちらも宇宙に関係している
  • 外見に黄緑色や紫色が使われている

 

ですので、リトル・グリーン・メンとバズはトイ・ストーリーの世界の中では何か密接な関係がある設定なのかもしれません。

 

そうだとすると、リトル・グリーン・メンたちがバズに警戒していなかったのもなんとなく理解できます。

 

リトル・グリーン・メンたちはバズから司令官は誰か訊かれた時、クレーンゲームのアームを指さして「あれさ~」と言っていました。

 

リトル・グリーン・メンたちにとっては、クレーンゲームのアームが司令官のようです。

 

実際にクレーンに捕まれたリトル・グリーン・メンは、「えらばれた~、さようなら~、もっといい世界へ行く」と言い幸せに満ち溢れているような表情をしていました。

 

ですがこのリトル・グリーン・メンはシドの家に行くなり犬のスカットに与えられ乱暴に噛まれていましたし、その後は泥だらけになって庭に放置されているようでした。

 

選ばれてもっといい世界に行けると思っていたはずなのにそんなふうに扱われてしまい、きっとこのリトル・グリーン・メンは悲しかっただろうなと思います。

 

話はピザ・プラネットのシーンに戻りますが、リトル・グリーン・メンたちはバズがシドに取られそうなのを阻止するウッディに対して「神を怒らせてはダメ~」と言っていました。

 

ですのでリトル・グリーン・メンたちにとっては

  • 司令官であるクレーンのアームが神であり、
  • それを操作しているシドも神

という意味なのかもしれません。

 

ちなみに、リトル・グリーン・メンの服には土星のようなイラストが描かれていますが、その丸の中をよく見ると、

  • 黄色いマッシュルーム型のデザイン
  • 赤くて丸いハム型のデザイン

などピザの具のようなものが描かれています。

 

つまり、リトル・グリーン・メンの服に描かれている土星のようなイラストは‘‘ピザ”‘‘惑星(プラネット)”を組み合わせた、まさに‘‘ピザ・プラネット”なデザインになっていることが読み取れます。

 

ディズニー公式サイトのリトル・グリーン・メンのキャラクター紹介ページでリトル・グリーン・メンの画像が見れるので、是非ご自身の目で確認してみてください!!

 

スポンサーリンク

 

トイ・ストーリー2のリトル・グリーン・メン

 

トイ・ストーリー2のリトル・グリーン・メンは、バズたちがウッディを追いかけるために乗ったピザ・プラネットの車の中にいました。

 

その時のリトル・グリーン・メンたちもバズたちを見て最初に「よそ者、外から来た」と言っていたので、第一声は前作と同じでした。

 

その後リトル・グリーン・メンたちは車のチェンジレバーを‘‘魔法の杖”と言い、バズに発進のアドバイスをしたりもしていました。

 

ですがその後リトル・グリーン・メンたちは車の窓から落ちそうになってしまい命に危険が迫りますが、それを救ってくれたのがMr.ポテトヘッドでした。

 

リトル・グリーン・メンたちは命を救ってくれたことにものすごく感謝しているようで、その後からずっとMr.ポテトヘッドに「命の恩人、感謝永遠に」と言い続けていました。

 

遂には空港の中まで付いて行ってしまい、最終的にはアンディの家まで付いて来てアンディのおもちゃになってしまいました。

 

それくらい、命の恩人であるMr.ポテトヘッドに感謝を永遠に伝えたいのだと思います。

 

さらに、Mrs.ポテトヘッドのひと言でリトル・グリーン・メンたちはポテトヘッド夫婦の養子になることになり、その時リトル・グリーン・メンたちはMr.ポテトヘッドのことを「パ~パ~」と言いとても嬉しそうな表情をしていました。

 

リトル・グリーン・メンたちはMr.ポテトヘッドに嫌がられている様子でしたが、リトル・グリーン・メンたち本人はとても幸せそうだったので、命の恩というのはそれくらい深いものなのかもしれません。

 

トイ・ストーリー2のMr.ポテトヘッドの記事>>>【トイ・ストーリー2/Mr.ポテトヘッド徹底考察】前作からの気持ちの変化と、夫婦関係や残念なところの考察

 

スポンサーリンク

 

リトル・グリーン・メンの人気

 

ちなみに、リトル・グリーン・メンはトイ・ストーリー1作目で登場した時からとても人気が高いキャラクターでした。

 

実際、トイ・ストーリー2のエンディングのNG集で、リトル・グリーン・メンたちがこのような会話をしています。

 

「映ってた?前のトイ・ストーリー?」「もち、僕の人気も急上昇、ウッディに迫る勢い」

 

この会話からも、リトル・グリーン・メンが前作のトイ・ストーリー1作目でとても人気があったことが伺えます。

 

このリトル・グリーン・メンの人気を受け、PIXARの方々はリトル・グリーン・メンを単発のキャラクターにするのはもったいないと思ったのではないかなと思います。

 

だからこそ、これからもトイ・ストーリーに出演させることができるようにと思い、トイ・ストーリー2のラストでアンディのおもちゃになるようにしたのではないかなと思います。

 

そうすれば、今後続編があったとしても、ウッディたちと同じ持ち主のもとにいれば登場させることが容易になるので、今後もリトル・グリーン・メンを活躍させることができると思ったのではないかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:リトル・グリーン・メンの今後

 

トイ・ストーリー1作目とトイ・ストーリー2のリトル・グリーン・メンについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

1作目と2作目のリトル・グリーン・メンは同一人物ではないものの、共通しているところがあったり、最後にはアンディのおもちゃになりとポテトヘッド夫婦の養子になったりなど、面白い展開を見せてくれました。

 

今後のリトル・グリーン・メンたちがどうなっていくのか、楽しみです!

 

この記事を通して、リトル・グリーン・メンを、トイ・ストーリー2を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー2を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの目的の達成と、前2作の設定を活かしたシリーズの集大成シーン

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    リトルグリーンまんっておいしいですよね(*´ω`*)