スポンサーリンク

【トイ・ストーリー2/スリンキー徹底考察】スリンキーはウッディの正体を知っていたようなので考察します

トイ・ストーリー2

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー2スリンキー
について考察したいと思います!

 

スリンキーといえば、トイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

そんなスリンキー、実はウッディの正体を知っていたかもしれないのです…

 

なぜそんなことが言えるのか、そしてどんなことを知っていたのか。

 

そのことを考察してみたり、スリンキーの気持ちを考察してみたり、スリンキーのことについて考察していきたいと思います!

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

スリンキーの基本情報

  • 名前:スリンキー・ドッグ (SLINKY DOG)

 

  • 声:永井一郎 (原語版:JIM VARNER)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ダックスフントのおもちゃで、胴体としっぽがバネになっている

 

  • アンディのおもちゃ

 

  • ウッディのことが大好きで、とても信頼している

 

スリンキーのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

スリンキーはウッディの正体を知っていた?

 

トイ・ストーリー2ではウッディが人気テレビ番組‘‘ウッディのラウンドアップ‘‘の主人公で、ものすごい人気だったということが発覚しました。

 

実はそのことをスリンキーは知っていたかもしれないと思えるシーンがあります。

 

それは、ウィージーを助けるためにウッディが25セントの箱に入った時です。

 

その時スリンキーはこう言っています。

 

「ウッディ、あんたはもっと高いぜ」

 

この発言は、ウッディがレアなのを知っていたから言えたのではないかなと思います。

 

トイ・ストーリー1作目でも確認できましたが、ウッディとスリンキーは特別仲が良いです。

 

これは古くからの付き合いだからと仮定すると、スリンキーがウッディの正体を知っていてもおかしくはないなと思います。

 

スリンキー・ドッグが現実世界で発売されたのが1940年代頃といわれており、映画の設定ではウッディのラウンドアップが人気だったのは1957年頃とされています。

 

この観点から見てもスリンキーの方が先に誕生しているので、後に発売されたウッディの正体を知っているのにも納得がいきます。

 

ちなみに、なぜウッディのラウンドアップが1957年頃に人気だったことがわかるのかというと、アルの部屋に置いてあるウッディとブルズアイが表紙のTIME誌の発売日が1957年1月12日だからです。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー2】ウッディが向き合ったたくさんの不安と恐怖 ~大切な存在がいるから~

 

今作でもウッディのことが大好きなスリンキー

 

トイ・ストーリー1作目で、スリンキーはウッディのことが大好きなのが描かれました。

 

ですが途中、信頼していたウッディに裏切られとても悲しい思いをしました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】スリンキーが感じた悲しみと喜び ~誰かを信じるということ~

 

ですがその後関係が元に戻ったようで、トイ・ストーリー2では変わらずウッディのことが大好きなスリンキーが描かれています。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • ウッディを助けに行くことに志願した

 

  • アルズ・トイ・バーンでウッディを探している時、ハムとポテトヘッドはバービーに夢中で、レックスは攻略本に夢中になっていているが、スリンキーだけは「邪魔しちゃ悪いけどアルのオフィスどこ?」とバービーに話しかけ、ウッディを探し続けていた

 

  • アルの部屋から聞こえるウッディの声に、誰よりも早く気付いた

 

  • ウッディがアンディのもとに帰らないと言いバズが「みんな、行こう」と言った時、みんなが歩き出す中、スリンキーはウッディを見つめていてなかなか動き出せないでいる

 

  • 通路に入る前にウッディの方を振り返り、とても悲しい表情をしてくぅーーんと鳴いている

 

  • 通路を歩いている時、ウッディの方を横目で見て残念そうにしている

 

ウッディのことが大好きなのが伝わってきます。

 

1作目でもウッディのことが大好きだからこそ悲しい思いをしてしまいましたが、今作でも同じく、ウッディのことが大好きだからこそ、帰らないと言ったウッディにすごく悲しんでいました。

 

誰かを大切に想うということは、そういうことなのかもしれません。

 

スリンキーのバネの重要性

 

トイ・ストーリー1作目ではウッディとバズがトラックを追いかけるシーンでスリンキーのバネが大活躍しましたが、トイ・ストーリー2でもスリンキーのバネが大活躍します。

 

  • ウッディを助けに行くためにアンディの家の屋根から降りる時

 

  • エレベーターの天井からウッディを救おうとした時

 

今作でもスリンキーのバネが大活躍ですね!

 

ただウッディをエレベーターの天井から救おうとしている時、伸びてきている胴体のバネを見て不安そうな表情をしているので、1作目の時に伸びきってしまって助けられなかった悔しく辛い記憶が蘇って来ていたのかもしれないです。

 

スリンキーを褒めましょう

 

空港に向かうウッディを車で追いかけている時、スリンキーはずっと前足でアクセルを踏み続けていました。

 

その姿はあまり映りませんが、車が走れていたのはスリンキーがさぼらずアクセルを踏み続けていたおかげなのです。

 

みんなでスリンキーを褒めましょう(*´ω`*)

 

犬の気持ちがわかるスリンキー

 

スリンキーはバスターの気持ちがわかるみたいです。

 

映画ラストでバスターがトイレに行きたいの通訳していました。

 

バスターの気持ちがわかるのはおもちゃの中でも犬のスリンキーだけなのかもしれまん。

 

まとめ

 

トイ・ストーリー2のスリンキーについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ウッディとの付き合いが古いスリンキーのようですが、ウッディとの出会いなどは描かれていないので見てみたいなと思いました。

 

これまで体のバネを使って大活躍のスリンキーですが、体に負担がかかるような無理はしないでほしいなと思いました。

 

この記事を通して、スリンキーを、トイ・ストーリー2を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味をもってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー2を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー】スリンキーが感じた悲しみと喜び ~誰かを信じるということ~

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3】スリンキーのウッディに対する複雑な想いと、勇敢さや冷静さの考察

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (記事を書いた本人です)

    スリンキーは縁の下の力持ちなんだね!