スポンサーリンク

【トイ・ストーリー2/ウィージー徹底考察】ほこりだらけの場所に置き去りにされた理由と、トイ・ストーリー3でのウィージー

トイ・ストーリー2

 

「あなたは、なぜウィージーがほこりだらけの場所に置き去りにされなければならなかったのかを知っていますか?」

 

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

私はキャラクターの考察をする時は必ずそのキャラクターだけに注目して何度も徹底的に映画を見込み、そのキャラクターのセリフと行動を全て記録してから考察しています!!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー2ウィージー

について考察したいと思います!!

 

最初にもお伝えした通り、あなたは‘‘なぜウィージーがほこりだらけの場所に置き去りにされなければならなかったのか’’を知っていますか?

 

「そんなこと考えたこともなかったけど、言われてみれば確かになんでだろう…」

 

そう思ったのではないでしょうか?

 

ですので今回は!

 

一緒に探偵になった気分で、今ある発言や証拠からそうなってしまった原因を見つけ出しましょう!!

 

そして、そんなウィージーはトイ・ストーリー2のその後、どうなってしまったのでしょうか。

 

実は、ウィージーはトイ・ストーリー3に登場しています!

 

名前だけとかではなく、実物のウィージーが登場しています!

 

ですので、そのことについても詳しく考察していこうと思います!

 

さらにトイ・ストーリー2のウィージーという存在からは、以下のようなことが学べます。

  • 誰かと約束をするということの‘‘覚悟’’

 

  • 物を大切にするということの‘‘自己肯定’’

 

ですのでトイ・ストーリー2のウィージーのことを深く理解しておくことは、あなたのこれからの生き方や考え方において大きな参考になるかもしれません。

 

それに加えて!!

 

今年2019年7月12日(金)にはついに!!トイ・ストーリー4が全国でロードショーになります!!

 

映画のストーリーというのは伏線と結果の繰り返しなのですが、さらにPIXARにおいては、過去作の伏線を続編で回収することが実はとても多いです!!

 

ですので、トイ・ストーリー4に向けて今!ウィージーについて詳しくなっておけば、もしトイ・ストーリー4にウィージーが出てきた時に、さらに映画を楽しめるようになること間違いなしです!!

 

逆に言えば、それを知らないとトイ・ストーリー4で描かれていることに気付けない可能性もあるので、是非この記事をチェックしてみてください!!

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承ください。
 
スポンサーリンク

 

ウィージーの基本情報

  • 名前:ウィージー (WHEEZY)

 

  • 声:佐古正人 (原語版:JOE RANFT)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー2 (原題:TOY STORY 2) 1999年公開 (日本では2000年)

 

  • ペンギンのおもちゃで喉が笛になっており、胴体を押すとピーピー鳴る

 

  • アンディのおもちゃ

 

ウィージーのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

スポンサーリンク

 

ウィージーはなぜほこりまみれの場所に置き去りにされたのか

 

ウィージーは棚の1番上で本の陰に置き去りにされており、ほこりまみれになっているところを偶然ウッディから見つけてもらえました。

 

ですが1つ引っかかるのが、あんなにおもちゃを大切にするアンディが、ウィージーをこんなふうに扱うとは考えずらいという点です。

 

そこで今回は、‘‘なぜウィージーがこのような状況になってしまったのか’’を考えてみます。

 

まず、ウッディはウィージーを見つけた時、こう言っています。

 

「ウィージー、お前なのか?ここで何してる?ママがひと月も前に喉の修理に出したはずだろ。アンディ寂しがってたぜ。」

 

それに対してウィージーはこう答えています。

 

「それが、ずっと待ってるんだけど、ここに、置きっぱなしだ。」

 

この会話からわかることは、この2つのことです。

  • ウッディは、1ヵ月前くらいにアンディのママがウィージーのことを修理に出したと思っていた
  • ウィージーは修理に出されるのをずっと待っていたが、棚の上に置きっぱなしになっている

 

つまり、アンディのママがウィージーのことを修理に出すことになっているようです。

 

ですが、ウィージーはまだ修理に出してもらっていません。

 

ということは、アンディのママが修理に出すのを忘れているのか、先延ばしにしているのか、いずれにしてもアンディのママが原因である可能性が見えてきました。

 

そしてウッディは、「アンディ寂しがってたぜ」と言っています。

 

アンディはなぜ、寂しがっていたのでしょうか?

  • ウィージーが壊れたから寂しがっていたのか
  • 修理に出したと思っているウィージーが全然帰って来ないから寂しがっていたのか

 

いずれにしても、ウィージーのことを大切に想っているから寂しがっていたのには間違いなさそうです。

 

ウィージーのことを大切に想っているアンディが、ウィージーをあんなところに置き去りにすることは考えにくいので、やはり、

 

‘‘アンディのママがウィージーの修理をアンディに頼まれて承諾したのに、まだ修理に出していない’’

 

というのが有力な気がします。

 

ですがもし仮にそうだとしたら、ウィージーのことを修理に出すことを約束したのに、そのウィージーをガラクタ市に出品したアンディのママの行動には、大きな疑問が残ります。

 

ウィージーのことを大切に想っているであろうアンディが「ウィージーのことガラクタ市で売っちゃっていいからね!」とママに言うのは想像できません。

 

そうなるとやはり、‘‘アンディのママがアンディの許可なく勝手にウィージーのことをガラクタ市に出品した可能性’’が出てきました。

 

ですが、ウッディがアルに盗まれそうになった時、アンディのママは見事にウッディのことを取り返していました。

 

愛する息子が大切にしているおもちゃだから取り返したのだとすれば、アンディが大切に想っているウィージーのことを勝手に出品するなんてことはないと思います。

 

 

ということでまとめます。

  • アンディは、大切なウィージーが壊れてしまったのでお母さんに修理に出すことをお願いし、これ以上壊れないように棚の1番上に置いた

 

  • そこに並べて置いてあった本が、ウィージーの上に倒れてしまう

 

  • だが、ウィージーは喉が壊れているため助けを呼ぶことができなかった

 

  • そんな中、アンディのママはウィージーの修理を頼まれていることをすっかり忘れてしまう(日々お母さんとしてやることがたくさんあり、手いっぱいで忙しすぎるあまりに忘れてしまったのだと思う。)

 

  • そしていつの日か、アンディのママはウィージーという存在自体を忘れてしまう

 

  • だからこそ、何の違和感も抱かずにウィージーのことをガラクタ市に出品してしまった(アンディの許可なく)

 

ということでどうでしょう。

 

確実なことは言えませんが、ウィージーとウッディの会話やアンディのおもちゃたちを大切にする性格から考えてみると、あながち間違ってはいないのかなと思います!

 

ですがもしこの考察が当たっているとすれば、アンディのお母さんの行動はいただけないなと思いました。

 

修理に出すことを息子と‘‘約束’’したのにもかかわらずその‘‘約束’’を守らず、さらにはその修理に出すと‘‘約束’’した物を勝手にをガラクタ市に出品したのです。

 

お母さんが‘‘約束’’を守らなかったことによって、次のこのようなことが起こりました。

  • ウィージーが悲しい想いをした
  • そのウィージーを救おうとしたウッディが盗まれた
  • その盗まれたウッディを救おうとしてバズたちが危険な目にあった
  • 何よりきっと、アンディが悲しんだ

 

こんなにもたくさんの悲しみや危険が、ひとりの人の‘‘約束を守らなかった’’という行動で起きてしまったのです。

 

これはおもちゃの話だけに留まることではなく、私たち人間にも同じことが言えると思います。

 

誰かと‘‘約束’’をする時に、その‘‘約束’’を果たす気がないなら、‘‘約束’’というのはしてはいけないと思います。

 

そうでないと、このようことが起こるかもしれません。

  • 先程お伝えしたように、たくさんの人に悲しい想いや辛い想いをさせてしまうかもしれない

 

  • その結果、自分に対する信頼も失われてしまい、自分も生きづらくなってしまうかもしれない

 

このようなことが起こらないようにするためにも、覚悟を持って‘‘約束’’というものをした方が良いということを、アンディのお母さんの行動を見て感じました。

 

トイ・ストーリー2のアンディの記事>>>【トイ・ストーリー2/アンディ徹底考察】おもちゃたちへの想いと、アンディにとってのウッディという存在の考察

 

スポンサーリンク

 

ウィージーの気持ち

 

ここまでは、なぜウィージーがほこりまみれの場所に置き去りにされなければならなかったのかを考察してきました。

 

ですが、どんな理由があろうとも、ウィージーからしたら辛く悲しい状況だったのではないかなと思います。

 

暗くてほこりだらけのところにずっと1人でいて、喉も壊れているので助けを呼ぶこともできず、とても辛くて悲しくて寂しかったと思います。

 

そんな中、ウッディに見つけてもらえてやっと救われたと思ったはずなのに、次はガラクタ市に出品されて…

 

自分がウィージーだったら、辛すぎてどうしたらいいかわからなくなっちゃいます(._.)

 

ですが、ウッディが危険を冒してまでガラクタ市に自分のことを助けに来てくれて、ウィージーはとってもとっても嬉しかったと思います。

 

ですが、次はウッディが盗まれてしまい、ウッディは自分を助けに来たせいで盗まれてしまった”と悔しくてなんとも言えない辛さを、ウィージーは感じたかもしれません。

 

本当は自分もバズたちと一緒にウッディのことを助けに行きたかったが、体調がすぐれないから行くこともできず、情けなさも感じたかもしれません。

 

このように、ウィージーにだけ注目して見てみると、ウィージーは辛くて悲しい経験をたくさんしていることが伝わってきます。

 

ですが、映画ラストでは‘‘命の恩人であるウッディ’’‘‘そのウッディを助けに行ったバズたち’’が無事に家に帰ってきて、ウィージーはすごく嬉しかったと思います(;_;)

 

最後には喉もなおっていて、その時の気分をウィージーはこう言っています。

 

 

「そりゃもう最高!本当に、体の底から歌が沸き上がって!!」

 

 

辛く悲しい想いをたくさんしたウィージーでしたが、最後には‘‘最高の気分’’になれて本当によかったです(ToT)

 

トイ・ストーリー2はウィージーの歌で幕を閉じますが、ウィージーはとても歌やステージパフォーマンスが上手く、ウィージーはこうやって歌うことが好きなんだろうなと感じました。

 

そうだとしたらなおさら、喉が壊れてしまって好きなことができなくなり、ウィージーは辛かったと思います。

 

ですが、このシーンではウィージーが幸せそうに活き活きと歌っていたので、本当によかったなと安心しました(*´ω`*)

 

ウィージーがこれからも自分らしく輝けたらいいなと思いました(*^_^*)

 

トイ・ストーリー2のウッディの記事>>>【トイ・ストーリー2/ウッディ徹底考察】ウッディが向き合ったたくさんの不安と恐怖 ~大切な存在がいるから~

 

スポンサーリンク

 

その後のウィージー

 

ウィージーがハッピーエンドを迎えたトイ・ストーリー2ですが、トイ・ストーリー3では残念ながらアンディのもとにいませんでした。

 

ウッディが言うには、新しい持ち主の家に行ったらしいです。

 

ですが!

 

少しですが、ウィージーはトイ・ストーリー3に登場しています!

 

それは、映画冒頭のホームビデオのシーンです。

 

映像にはジェシーやブルズアイが映っているので、トイ・ストーリー2での出来事の後に撮影されたものだということがわかります。

 

その映像の中に、ウィージーが映っているシーンは3ヵ所あります。

  • 背の高さが記されている柱の隣の壁に寄りかかって置かれている

 

  • アンディがおもちゃたちと一緒にテレビを見ているシーンで、ウィージーは最前列に置かれている

 

  • アンディがぐるぐる回りながらベッドにダイブするシーンで、ランプの隣に置かれている

 

これを見てまず最初に思ったのは、ウィージーがアンディに忘れ去られていなくて本当に良かったなということです(*´ω`)

 

やはりアンディはウィージーのことを大切に想っていたんだなということが伝わってきて、とても嬉しくなりました!!

 

ウィージーも、きっと嬉しかったと思います。

 

よかったね、ウィージー(;_;)

 

ウィージーが新しい持ち主にも大切にしてもらっていることを願います。

 

トイ・ストーリー3のアンディの記事>>>【トイ・ストーリー3/アンディ徹底考察】実は冒頭から描かれていた、アンディのおもちゃたちへの想いなどの考察

 

スポンサーリンク

 

原語版の声優‘‘ジョー・ランフト’’さんについて

 

ウィージーの原語版の声優、‘‘ジョー・ランフト (JOE RANFT)’’さんは、実はPIXARのスタッフです。

 

ジョー・ランフトさんが携わった作品は、以下の通りです。

  • 『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』→ 原案
  • 『トイ・ストーリー2』→ ストーリー監督
  • 『カーズ』→ 共同監督

 

そして、ジョー・ランフトさんはウィージー以外にも声優を務めています。

  • 『トイ・ストーリー』→ レニー (双眼鏡のおもちゃ)
  • 『バグズ・ライフ』→ ハイムリック (いもむし)
  • 『ファインディング・ニモ』→ ジャック (アカシマシラヒゲエビ)
  • 『カーズ』→ レッド (消防車)、ピータービルト (トラック)

 

このように、ジョー・ランフトさんはPIXARに深く関わっている方なのです。

 

そんなジョー・ランフトさんですが、『カーズ』の制作中に交通事故で亡くなられました。

 

これは非常に悲しい出来事であり、『カーズ』のエンドクレジットでは、‘‘DEDICATED TO JOE RANFT 1960-2005’’という文字と共に、声を担当したハイムリックやレニー、ウィージーの映像が流れました。

 

これらの作品を見る時には、ジョー・ランフトさんに深く感謝しながら作品を楽しもうと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:ウィージーから学ぶこと

 

トイ・ストーリー2のウィージーについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

暗いところに1人置き去りにされて辛く悲しい想いをしていたであろうウィージーが、ウッディに見つけてもらえて、元気に歌うことができて、アンディにも大切にしてもらえて、本当によかったなと思いました。

 

それと同時に、私たち人間は物をもっと大切に扱わなければいけないなと感じました。

 

買ってもらったら終わり、手に入れたら終わりではなく、日頃から大切に扱い、定期的にメンテナンスをし、壊れても修理し…

 

そうやって物を大切にすることによって、そうしている自分自身のことをもっと好きになれるのではないかなと思いました。

 

アンディは、大好きなウッディが壊れてしまっても買い替えることなく自分で修理していたので、そんなアンディの‘‘物を大切にする心’’を見習いたいなと思いました!

 

ウィージー、また出てほしいなぁ(*´ω`*)

 

この記事を読んでいただいたことでウィージーのことをより深く知っていただけたと思うので、是非!!もう1度ご自身の目で‘‘トイ・ストーリー2のウィージー’’を見てみてください!!

 

そのために!この記事の下に‘‘PIXAR作品を見るおすすめの方法’’を載せているので、是非ご覧ください!!

 

この記事を通して、ウィージーを、トイ・ストーリー2を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー2を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

トイ・ストーリー2のプロスペクターの記事へ>>>【トイ・ストーリー2/プロスペクター徹底考察】プロスペクターは、現代の親子関係問題の縮図である

トイ・ストーリー2のエミリーの記事へ>>>【トイ・ストーリー2/エミリー徹底考察】実はエミリーはジェシーを嫌いになんてなっていなかった

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    ウィージー、また会いたいなぁ(;O;)

    トイ・ストーリー4や短編でまた出てくれたら嬉しいな!!