スポンサーリンク

【トイ・ストーリー2/ウッディ徹底考察】ウッディが向き合ったたくさんの不安と恐怖 ~大切な存在がいるから~

トイ・ストーリー2

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー2ウッディ
について考察したいと思います!

 

ウッディといえば、バズと並んでトイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

東京ディズニーシーのトイ・ストーリー・マニア!ではウッディの顔が入口になるほど大人気です!

 

そんなウッディですが、実はトイ・ストーリー2ではたくさんの不安と恐怖と向き合っていたのをご存知でしょうか?

 

いったいどんな想いでウッディは過ごしていたのでしょうか。

 

そしてどのようにして乗り越えたのでしょうか。

 

そのようなことを含めて考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

ウッディの基本情報

  • 名前:ウッディ (WOODY)

 

  • 声:唐沢寿明 (原語版:TOM HANKS)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • カウボーイ人形で、背中の紐を引っ張るとしゃべる

 

  • アンディのおもちゃ

 

  • アンディのことが大好き

 

ウッディのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

ウッディはアンディのことが大好き!

 

トイ・ストーリー2のウッディは最初、帽子が無くなったことに焦っています。

 

それは、ウッディはアンディのことが大好きだからだと思います。

 

ウッディは

 

「おれさ、ずっと楽しみにしてたんだ。アンディと2人きりになれる(のを)」

 

と言っています。

 

大好きなアンディと2人きりになるのが楽しみだからこそ、それが叶わないかもしれないと焦っていたのでしょう。

 

 

ちなみにはウッディがアンディのことを大好きだというのはトイ・ストーリー1作目でたくさん描かれました。

 

アンディのことが大好きで1番側にいたいからこそ、その座をバズに奪われて悲しみ嫉妬したりしていました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】ウッディが抱えた辛く悲しい気持ちと、そこからの変化の考察

 

ウッディに最初に襲いかかる不安と恐怖

 

そんなウッディですが無事に帽子が見つかり、アンディとカウボーイキャンプに行けることにすごくすごくわくわくしていました。

 

ですが、ウッディに2つのことが起こります。

  • ウッディの腕が壊れる

 

  • アンディに置いて行かれる

 

まず、自分の一部が壊れてしまったということはおもちゃにとっては相当な悲劇だと思います。

 

それだけでも耐え難いのに、さらに楽しみにしていたアンディとのカウボーイキャンプにも連れて行ってもらえませんでした。

 

辛いですね。自分がウッディだったらとっても悲しいです。

 

ウッディもとても悲しかったと思います。

 

 

ウッディはその後夢を見ますが、その夢にウッディの気持ちが表れていると思います。

 

夢の内容は、

アンディが予定より早く帰ってくるが腕が壊れているのを思い出され捨てられて、ゴミ箱の中で「嫌だ!嫌だ!」と叫ぶ

 

というものです。

 

これは、次のような気持ちの表れだと思います。

  • 早くアンディに会いたい!

 

  • でも壊れた自分は大好きなアンディに捨てられてしまうかもしれない

 

  • 捨てられるのは嫌だ!悲しい

 

 

そんな中、さらにウッディの不安と恐怖を大きくさせる出来事が起こります。

 

それは、‘‘ウィージーの存在‘‘です。

 

ウィージーは喉が壊れ、本の陰でほこりまみれになり置き去りにされていました。

 

そしてアンディのママによってガラクタ市に売りに出されてしまいます。

 

壊れてしまったウィージーに起こっている様々な状況を見て、壊れた自分にも同じことが起こるかもしれないと思い不安と恐怖がさらに大きくなったのではないかなと思います。

 

ウッディにとってのアンディ(持ち主)という存在

 

その後もウッディは本当にアンディに一途なんだなとわかるシーンがあります。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • 盗まれてから最初に言ったことは「アンディ…」

 

  • 博物館に行くと言われても、アンディのもとに帰ると言い張り譲らない

 

ウッディにとってアンディは本当に大切な存在だということがわかります。

 

バズたちのもとに帰ろうとかそういうことではなく、ただただ持ち主であるアンディのことが大好きで、アンディのもとに帰りたいと思っているのがわかります。

 

おもちゃにとってはそれくらい持ち主が大切な存在なんだと思います。

 

大切な存在だからこその不安と恐怖

 

そんなアンディに一途なウッディですが、アンディのもとに帰ろうという気持ちが徐々に揺らいでいきます。

 

最初はジェシーとプロスペクターからこう言われた時です。

「大事な大事なアンディが、腕の取れちまったカウボーイ人形と、遊びたいってさ!」

 

「外に出たら1時間とは持たん。外の世界は危険がいっぱいだ。」

 

この言われた時ウッディは腕を抑えて不安そうな表情になります。

 

この時のウッディは2つの不安と恐怖を感じたのかもしれません。

  • 今アンディのもとに帰っても腕が壊れているから捨てられるかもしれないという不安と恐怖

 

  • 外の世界が危険なのはトイ・ストーリー1作目の時に身をもって体験したからわかっているという不安と恐怖

 

 

ここからさらに、頑なにアンディのもとに帰ると言っていたウッディが迷い始めます。

 

自分が出て行くことを悲しんでいるブルズアイを見て、

 

「あぁ違うんだよブルズアイ、君たちのせいじゃないんだ、アンディが…」

 

と言いますが、ジェシーに

 

「アンディ、アンディ、アンディ、あんたはいつもそれだけ」

 

と言われてしまいます。

 

この後のウッディは何かを言いたそうにしながら切ない表情をしています。

 

この時のウッディは、ジェシーに言われたことに心当たりがあったのかなと思います。

 

それはトイ・ストーリー1作目で、

  • アンディのことばかりになってその結果、バズを消すことを試みてしまったこと

 

  • それで他のおもちゃたちに嫌な思いをさせてしまったこと

 

この2つのことに心当たりがあるからこそ、何も言い返せなかったのかもしれません。

 

 

そして遂に腕がなおりアンディのもとに帰ろうとするウッディですが、

 

自分のせいで倉庫に戻るジェシーと、自分になついて悲しそうなブルズアイを見てまた気持ちが揺らぎます。

 

そしてジェシーの過去の話を聞き、さらにウッディの不安と恐怖が大きくなります。

  • ジェシーが持ち主に対して自分と同じ想いを抱いていたこと

 

  • エミリーがアンディのようにおもちゃを大切にする人だったこと

 

  • そんなエミリーですら年を重ねるにつれジェシーから離れていったこと

 

自分とアンディの関係がジェシーとエミリーの関係とまったく一緒だったのを聞いて、ジェシーに起こったことがいつか自分にも起こるかもしれないと思ったのだと思います。

 

そこに、プロスペクターの言葉が覆いかぶさってきます。

「いつまで続くと思う?アンディがお前を大学に連れていくか?新婚旅行には?

 

アンディは大人になる。それを止めることはできない。

 

決めるがいい。家に戻るか、博物館に行き、永遠の命を得て、何世代にもわたって子供たちに慕われ続けるか?」

 

 

ここでウッディはアンディのもとに帰るのをやめ、みんなと博物館に行くことを決めます。

 

 

ここまでのウッディの気持ちをまとめると、このようになると思います。

  • アンディが大好き(1作目から)

 

  • 2人きりになりたいほど大好き

 

  • 壊れてしまい置いて行かれて悲しい

 

  • 捨てられるかもしれない不安と恐怖

 

  • 実際に壊れたウィージーは忘れ去られ、ガラクタ市で売られてしまった

 

  • 自分次第で運命が変わってしまう3人と出会う

 

  • ジェシーの倉庫送りが嫌だという想い

 

  • ブルズアイは自分になついてくれている

 

  • プロスペクターから外の危険を話される

 

  • ジェシーは自分にとってのアンディみたいな存在に大きくなってから捨てられたことを聞き、自分にも同じ未来があるように感じる

 

  • プロスペクターからは大学や新婚旅行の話をされ、博物館の良さを聞かされる

 

これらすべての気持ちを総合して、みんなと博物館に行くことを決めたんだと思います。

 

こんなにいろんなことが複雑に絡んだ末の決断をするなんてとっても辛かったと思います。

 

ですがウッディの決断は‘‘自分はこうしたいんだ!‘‘というよりは、‘‘こうするのがベストなんだ‘‘という仕方なさの末の決断のように感じます。

 

博物館行きの箱詰めの時にウッディは、

 

「なんていうか…おれもやっぱものすごく嬉しいよ…本当さ、嬉しいんだよ!」

 

と言っていますが、それを言う前はすごく戸惑った表情をしているのも本心ではないことを物語っていると思います。

 

ウッディのずっと言えなかった本心

 

しかし、そんなウッディのもとにバズたちが助けが来ます。

 

そこでウッディはバズにこのように言います。

 

 

「おれは行けない。こいつらを見捨てられないよ。博物館に行くにはおれが必要なんだ。でなきゃまた倉庫に逆戻り。だぶん、永遠に。」

 

 

「あと1か所でも壊れてみろ。終わりだぜ。でアンディに捨てられたら、どうしたらいい?」

 

 

これがウッディの本心だと思います。

 

今まで誰にも打ち明けなかった想いのすべてを、バズには話したようです。

 

それだけバズのことを信頼していて心を許しているということだと思います。

 

素敵な関係だと思います。前作で仲が悪かったふたりだとは思えません。

 

 

「無駄なことさせちまったな」と言ってバズに背を向ける姿は、ウッディ自身が自分に納得して自信を持って行動しているように見えません。

 

バズに背中を向けながらも、去っていくバズのことを横目で追っているのがそれを物語っています。

 

‘‘えっ?本当におれを置いていくの?‘‘と心で言っているように見えます。

 

そして全然自信も信念もない表情と声で、

 

「こうするしかないんだよバズ、名誉なことなんだ」

 

と言います。

 

やはりウッディは‘‘こうしたい!‘‘ではなく、‘‘こうするしかないんだ‘‘と思っていたのですね。

 

そしてバズたちが去ってしまってすごく落ち込みます。

 

心から博物館に行きたかったのであれば、バズたちを追い返せてジェシーたちと喜ぶはずですが、そうならないということはやはり本心ではなかったわけです。

 

ウッディはこの時、こう思っていたのではないでしょうか。

  • 自分はどうしたらいいんだろう

 

  • アンディのことは大好きだし、ずっと側にいたい

 

  • でもいつか捨てられるかもしれない

 

  • また次壊れたらどうなるかわからない

 

  • 博物館に行けば永遠に愛してもらえる

 

  • そうすればジェシー、ブルズアイ、プロスペクターの気持ちも報われる

 

  • そう思ってたのにバズたちが来て自分が昔バズに言ったことをそのまま言い返される

 

  • 自分はコレクターズアイテムじゃない、子供の相手をするおもちゃだ

 

  • そんなことは分かってる

 

  • 自分が帰らないと言ったことで悲しむバズ、レックス、スリンキー、ハム、ポテトヘッドを見た

 

  • 自分はどう行動するのが正解なのか

 

このようなことを思って、落ち込んでいたのかもしれないです。

 

自分の素直な気持ちに正直になる

 

そんな中、テレビの中の自分がこんなことを言います。

 

 

「忘れちゃだめだぞ、本当に大切なものは友達と家族なんだ」

 

 

そして自分が歌う‘‘君はともだち‘‘がテレビから聞こえてきます。

 

テレビでは子供が嬉しそうにウッディを抱きしめます。

 

 

これを見てウッディは、自分の素直な気持ちを思い出したのだと思います。

  • バズたちが自分を想って助けに来てくれた

 

  • バズたちと一緒にいたい

 

  • そしてなにより、自分はアンディのおもちゃなんだ

 

  • アンディの側で、アンディに遊んでもらいたいんだ

 

  • ガラスの向こう側からは、こうして触れてもらって愛してもらうことはできない

 

そしてブーツの裏のアンディの名前を見て、自分の素直な気持ちをやっと取り戻します。

 

過去の自分のビデオから大切なことを思い出させられるのが、感慨深いなと思いました。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー2/アンディ徹底考察】アンディのおもちゃたちへの想いと、アンディにとってのウッディという存在

 

ウッディのバズに対する気持ちの変化

 

前作のトイ・ストーリーで、バズのことを良く思っていないウッディはバズのことを「いいかライトスタンド」と言っていました。

 

ですが、今作でプロスペクターがバズのことを「あんなバズライトビルなんぞに何ができる」と言った時、ウッディは「あいつの名前はバズ・ライトイヤー!」と訂正し言い返していました。

 

このことからも、ウッディのバズに対する前作からの気持ちの変化が伺えます。

 

ちなみに、トイ・ストーリー1作目でウッディはバズに「宇宙飛行士の真似事はいい加減にやめろ!癇に障るんだよ!」と言っていましたが、トイ・ストーリー2ではプロスペクターがバズのことを「成り上がりの宇宙者は大嫌いだ」と言っていました。

 

バズの名前を間違え、宇宙飛行士であることを良く思っていないという点で、プロスペクターはトイ・ストーリー1作目のウッディのようだなと思いました。

 

ウッディの思いやり

 

ウッディのプロスペクターへの思いやりが感じられるシーンがあります。

 

それは空港で、プロスペクターを子供のリュックに入れた点です。

 

プロスペクターは誰にも買ってもらえず、子供の持ち主がいたことがありません。

 

ウッディはそんなプロスペクターの悲しかった気持ちを尊重し、子供のリュックに入れたのかもしれません。

 

大切な存在のことを想い行動する

 

そんな中ジェシーだけ飛行機の中に運ばれてしまいますが、ウッディはなんのためらいもなく助けに行きます。

 

ウィージーが連れていかれた時も、ウッディはなんのためらいもなく助けに行きました。

 

飛行機の中に閉じ込められてもあきらめず、光を見つけて脱出を試みました。

 

ジェシーのため、ウィージーのため、そして持ち主のアンディのもとにみんなで帰るため、

 

大切な存在のことを想い、なんのためらいもなく行動できるウッディはとっても素敵だなと思いました。

 

ウッディのバズに対する信頼

 

映画のラストでは、アンディに腕をなおしてもらって嬉しそうです。

 

そしてバズからアンディのことが心配か聞かれた時は、このように言います。

 

「ぜーんぜん!今を目一杯楽しむのさ!それにだ、その時が来ても、おれの側には相棒のバズがいる。無限の彼方へ、共に行こう!

 

バズのことをとても信頼しているがの伝わってきます。

 

これは今回の件でバズがしてくれた、

  • 自分のことを危険を冒してまで助けに来てくれたこと

 

  • 自分の素直な気持ちを取り戻させてくれたこと

 

にとても感謝しているからではないかなと思います。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー2/バズ徹底考察】バズのウッディに対する熱い想い ~前作からの変化~

 

自分よりもウィージーを救ったウッディ

 

話は前後してしまいますが、遊びの中でウッディの右腕が壊れてしまってからはウッディの右腕が使えなくなっているのが確認できます。

 

右腕がだらーんとなっていて自分の意志では動かせないようです。

 

そんな中ウィージーを救いに行きウィージーがバスターから落ちそうになった時、片方しか使えない左腕でウィージーを押し込み、自分はバスターから落ちてしまいます。

 

ウッディのウィージーを救おうという熱意が伝わってきますね!

 

ちなみにプロスペクターから右腕を壊された時は、その後も右腕を使えていました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー2】なぜウィージーはほこりまみれの場所に置き去りにされなければならなかったのか

 

ウッディが流行ったのは1957年頃

 

ウッディが主役の人気テレビ番組‘‘ウッディのラウンドアップ‘‘ですが、いつぐらいに放送されていたのでしょうか?

 

それはアルの部屋にある‘‘LIFE誌‘‘の表紙に記載されている発行日を見るとわかります。

 

表紙には‘‘JAN 12,1957‘‘と記載されています。

 

つまりこのLIFE誌は1957年1月12日発行のものということがわかります。

 

このことから、ウッディは1957年頃に人気だったのかなと予想できます。

 

プロスペクターが、

 

「2人もヒーローはいらない。ロケットが上がると子供たちは宇宙のおもちゃに夢中になった。」

 

と言っているので、ロケット打ち上げの影響でウッディの人気が無くなっていったことがわかります。

 

ちなみに、この宇宙のおもちゃというのはきっと‘‘バズ‘‘のことだと思います。

 

取っ組み合いが弱いウッディ

 

ウッディは取っ組み合いが弱いと思います。

 

ウッディの戦歴はこちらです。

  • トイ・ストーリー1作目のガソリンスタンドで、VS バズ

 

  • トイ・ストーリー2ではテレビが突然付いたのを巡って、VS ジェシー

 

  • 空港の荷物エリアの中で、VS プロスペクター

 

合計3回戦っていますが、すべて相手に押されぎみです。

 

しかし口では「かかって来いよ!」などと挑発しているので、意気込みはいいけど体がついてこないみたいです。

 

ウッディとボーの関係

 

ウッディとボーの関係はどのように表現したらいいのでしょう。

 

直接好きとも言っていないですし、愛してるとも言っていないです。

 

だけれども、お互い想い合っているのは伝わってくる感じですね。

 

映画のラスト、ウィージーが歌を披露しているシーンでは、ウッディがボーの腰に手をまわしながら歌を聞いています。

 

この2人の姿を見ると、2人は恋人なのかなと思いました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー2】ボー・ピープだけが知っていたアンディの気持ちについての考察

 

まとめ

 

トイ・ストーリー2のウッディについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

アンディのこと、バズたちのこと、ジェシーたちのこと、大切な存在がいるからこその悩みや葛藤、未来に対する不安や恐怖と向き合っているウッディはかっこいいなと思いました。

 

この記事を通して、ウッディを、トイ・ストーリー2を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味をもってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー2を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー】ウッディが抱えた辛く悲しい気持ちと、そこからの変化の考察

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3】ウッディの想いの全ての考察 ~伏線だらけのウッディ~

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    ウッディが1作目より成長してて素敵だった!