スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/アンディ徹底考察】実は冒頭から描かれていた、アンディのおもちゃたちへの想いなどの考察

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3アンディ

について考察したいと思います!

 

アンディといえば、ウッディやバズの持ち主ですよね!

 

トイ・ストーリー3の最後で、アンディはおもちゃたちを‘‘宝物’’と思っていることが明かされましたが、実は冒頭からアンディのこの想いが描かれているのをご存知でしょうか?

 

もちろん言葉で言っていたりはしていませんが、アンディの視線や表情や行動から、そのことを読み取ることができます。

 

さらに、アンディとモリーの関係アンディのウッディに対する特別な想いアンディのお母さんのアンディに対する想いや、アンディのお母さんがトイ・ストーリーシリーズの物語に欠かせない存在であることなど、いろいろ気付いたことがありました。

 

ですので、そのようなことを含めて考察していきたいと思います!

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

アンディの基本情報

  • 名前:アンディ・デイビス (ANDY DAVIS)

 

  • 声:小野賢章 (原語版:JOHN MORRIS)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • おもちゃが大好きで、特にウッディとバズを気に入っている

 

子供の時のアンディとおもちゃたち

 

トイ・ストーリー3の冒頭はアンディのごっこ遊びの空想から始まりますが、それを見て‘‘さすがアンディだな’’と思いました。

 

ウッディたちがポテトヘッドたちを倒して平和を守るというのは1作目の時のごっこ遊びのストーリーと変わらないですが、そこに1作目の時にはいなかったバズやジェシーが加わり、すべてのキャラクターが生き生きとして輝いているように感じました。

 

アンディの発想力にはいつも驚かされます!

 

その時にアンディの素敵だなと思ったところは、段ボールで作ったドクター・ポークチョップ号の下に枕を置いているところです。

 

その枕がクッションになり、おもちゃたちが上から落ちてきた時も安全に着地していました。

 

このことからも、アンディのおもちゃたちに対する愛が伝わってきました。

 

その後に流れるホームビデオにも、アンディがおもちゃたちを大切にしていて、愛を持って遊んでいる様子が映っていました。

 

冒頭のごっこ遊びとホームビデオから、アンディのおもちゃたちに対する想いがたくさん伝わってくるなと思いました。

 

妹想いなアンディ

 

アンディは前2作で、妹想いな様子を見せていました。

 

1作目では、アンディの部屋にモリーのベッドが置いてあり子守を任されているような様子でしたし、トイ・ストーリー2でウィージーが歌を披露している時には、外でアンディはモリーの手を繋ぎ一緒に歩き、モリーが歩くのを見守っていたりもしていました。

 

そんなアンディですが、今作の冒頭で流れるホームビデオからも妹想いな様子が伝わってきます。

 

モリーはアンディが作ったであろう遊びのセットを壊していましたが、アンディはそれを怒ったり責めたりせず、「宇宙から来た15メートルの赤ちゃんが暴れまわってるんだ!急いで逃げろー!」と言い遊びに活かしていましたし、モリーの誕生日も一緒に祝っている様子が映っていました。

 

このように、アンディが妹のモリーのことを大切に想っている様子が、シリーズ3作を通して伝わってくるなと思います。

 

自分が大好きなおもちゃだけでなく、妹のことも大切にしているアンディはとても素敵だなと思いました(*´ω`*)

 

アンディの成長

 

今作ではそんなアンディが17歳になっていますが、自分の携帯がおもちゃ箱に入っていたのをモリーの仕業だと思い込み怒っているようでしたし、モリーからパソコンやテレビゲームをくれないかとねだられている時も断ったりしていました。

 

子供の時と比べてアンディはモリーに少し冷たくなったのかなと思いきや、モリーが段ボールを大変そうに持っているのに気付いた時は手伝っていたりと、昔と変わらず妹想いなお兄ちゃんの部分もあるようでした。

 

ですが、17歳という年頃は少し複雑な年頃でもあるなと思います。

 

それは、アンディとお母さんとの会話によく現れているなと感じました。

 

アンディはパソコンに向かっている時に、お母さんから半ば強引に大学行きと屋根裏行きとゴミに分けろと言われた時は、少しため息を付きうんざりしているような表情になりながらお母さんを横目で見ていたりもしていました。

 

それに、本当はおもちゃたちのことを‘‘宝物’’だと思っているのに、お母さんの前では‘‘ガラクタ’’と言ってしまったのも、年頃が関係しているのかなと思いました。

 

もちろん、このおもちゃたちは古いから自分にとっては宝物だけど、他の人から見たらガラクタだという意味もあるとは思います。

 

アンディがモリーから「まだこんなおもちゃ持ってるの」と言われた時に、強めに「おれの部屋からすぐに出てけ!」と言ったのは、自分の宝物をそんなふうに言われたからイラッとしたのかもしれません。

 

子供の頃のアンディは元気だったり、ウッディやバズをなくして落ち込むような姿しか描かれていなかっただけに、これらのシーンではアンディが大人になったことがより強く伝わってきました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー/アンディ徹底考察】アンディのウッディに対する本当の想いの考察

関連記事>>>【トイ・ストーリー2/アンディ徹底考察】おもちゃたちへの想いと、アンディにとってのウッディという存在の考察

 

冒頭から描かれていた、アンディのおもちゃたちへの想い

 

アンディはお母さんから引っ越しの準備を催促され、長くため息を付いた後引っ越しの準備を始めていましたが、パソコンを閉じ部屋全体をゆっくり見回した後、最後はウッディたちが入っているおもちゃ箱をじっと見つめていました。

 

そしておもちゃ箱に近づきおもちゃ箱を開け、少し悩んでいるような表情で中を見ていましたが、その後すぐにおもちゃたちを屋根裏部屋にしまおうとしていました。

 

アンディのこれらの行動から、アンディが引っ越しするにあたって1番気がかりだったのは、‘‘宝物であるおもちゃたちをどうしようか’’ということだったのではないかなと思います。

 

だからこそ、1番最初に目に留まり仕分けを始めたのが‘‘おもちゃたち’’だったのだと思います。

 

大切な大切な宝物だからこそ、すぐに大学行きの箱と屋根裏部屋にしまっておきたかったのかもしれません。

 

本当にガラクタだと思っていたらすぐに捨てるか後回しに放っておいてもおかしくないと思うので、そういう意味でも、アンディがおもちゃたちを大切に想っていることは冒頭から描かれていたんだなと思いました。

 

アンディのおもちゃたちに対する想いと、ウッディに対する想い

 

Mrs.ポテトヘッドの右目でアンディの部屋を見ている時、おもちゃたちが捨てられたことを知ったアンディは、とんでもなく絶望的な反応をしていました。

 

そのことからも、アンディがおもちゃたちを心から大切に想っていることが伝わってきます。

 

ですので、映画ラストでアンディが屋根裏行きの箱におもちゃたちが入っているのを見つけた時は、とっても嬉しそうな表情をしていました。

 

この表情は、心から愛している存在を見ている時にしかなれない、温かくて愛のある目だなと思いました。

 

その後ボニーの家に行きボニーがおもちゃで遊んでいる姿を見た時も、アンディはふっと微笑み嬉しそうでした。

 

目の前にいる子が、自分と同じようにおもちゃを大切にする子だとすぐに感じたのかもしれません。

 

自分のおもちゃに対する想いと似たものをボニーの中にも感じたから、最初はアンディに心を開いていなかったボニーのことを、すぐに引き付けて親しくなることができたのかもしれません。

 

アンディがボニーにおもちゃを渡す時のひとりひとりの紹介は意外にスムーズでしたが、ウッディの時は違いました。

 

ボニーがウッディに手を伸ばした時のアンディの表情は、ウッディのことはあげるつもりはないという気持ちがよく表れているなと思います。

 

ですがその後アンディはボニーのことを見つめ、そしてウッディのことを見つめてため息を付き、もう1度ボニーのことを見つめてからウッディのことを話し始めていました。

 

この時のアンディは、本当はウッディとずっと一緒にいたいと思っていたけれど、ボニーのウッディに対するまっすぐな表情を見て、ボニーにだったら大好きなウッディのことも任せられると思ったのではないかなと思います。

 

ウッディのことを話している時、アンディはずっとウッディのことだけをじっと見つめて話していました。

 

ウッディ以外のおもちゃたちの紹介はボニーに向けてのものだっただと思いますが、ウッディのことを話している時は、ウッディに対して想いを伝えていたのではないかなと思います。

 

アンディはウッディのことを、「覚えてないくらい昔から、僕のともだちだった」と言っていました。

 

それくらい昔からずっと一緒に過ごしてきたウッディだからこそ、アンディの中でウッディはずっと特別だったのかもしれません。

 

アンディはウッディをボニーに渡す時微笑んでいましたが、その奥には寂しさもあるような表情に見えました。

 

ですが、その後ボニーがウッディのことをとても嬉しそうに抱きしめている時、それを見つめるアンディの表情は、ウッディがこれからも愛してもらえるということにとても幸せを噛みしめているような表情に見えました。

 

大好きで大切なウッディとお別れをする寂しさと、でもきっとボニーはウッディのことを愛してくれるだろうという安心が入り交ざっていたのではないかなと思います。

 

その後アンディはボニーと一緒におもちゃたちで遊びますが、この時のアンディは最高に幸せだったのではないかなと思います。

 

その時のアンディはウッディのことを肩車していましたが、トイ・ストーリー1作目の時も今作の冒頭のホームビデオでもアンディはウッディのことを肩車していました。

 

アンディはおもちゃたちとの最後の時間を、大切に噛みしめていたのだと思います。

 

アンディは最後にウッディから手を振られますが、観客の私たちですら号泣してしまうので、この時のアンディはとてつもなく胸を締め付けられたのではないかなと思います。

 

アンディが最後におもちゃたちに言った言葉は「ありがとう、みんな」でしたが、アンディはウッディたちに感謝でいっぱいなのが伝わってきました。

 

その後アンディは車で去ってしまいましたが、またウッディたちとなんらかの形で再開できたらいいなと思いました。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/ウッディ徹底考察】ウッディの想いの全ての考察 ~伏線だらけのウッディ~

 

アンディの名前

 

アンディのフルネームは‘‘アンディ・デイビス’’です。

 

スタッフミーティングが終わってウッディがひとりタンスの上でアンディの写真を見ている時に、その写真の右の紙に‘‘AndyDavis’’のサインが確認できます。

 

アンディは青系統の色が好き?

 

大人になったアンディは青系統の色が好きなのかなと思います。

 

登場する服装は2回とも水色でしたし、携帯も車も青系統の色でした。

 

青色は空や水の色で透き通っているイメージなので、アンディの人柄に合っているなと思いました。

 

アンディママのアンディに対する想い

 

ここからは、少しだけアンディのお母さんの考察をしたいと思います。

 

映画冒頭のアンディのお母さんはアンディに色々と指示をしていましたが、映画ラストでアンディから「ねぇママ、これ本当にあげた方がいいと思う?」と訊かれた時は、「あなた次第よ、好きにしなさい」と答えていました。

 

これは、これからアンディは家を出てひとりになるのだから、あとは親の意見ではなくアンディ自身が心からしたいことをしてほしいというお母さんのメッセージなのではないかなと思いました。

 

アンディのお母さんが原因

 

トイ・ストーリーシリーズでは毎回事件が起こりますが、その全てのきっかけにアンディのお母さんが関係していると思います。

 

トイ・ストーリー1作目では、アンディのお母さんがアンディにバズをプレゼントしたことから物語が急変しました。

 

トイ・ストーリー2では、アンディのお母さんが突然ヤードセールを開き、しかも勝手にウィージーを出品したことでウッディが盗まれることに繋がりました。

 

今作では、アンディのお母さんが屋根裏にしまうおもちゃたちをゴミと勘違いしてゴミ置き場に持って行ったことで、話がややこしくなりました。

 

実は、アンディのお母さんはトイ・ストーリーの物語に欠かせない存在でしたので、今後登場するとしたらどのように関係してくるのか楽しみです。

 

また物語を急変させるきっかけになるかもしれません!

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のアンディについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ウッディたちの持ち主として1作目からずっと登場してきたアンディでしたが、今作でウッディたちを譲る選択には驚きでした。

 

ですが、アンディほど‘‘物’’を大切にする人は見たことがありません。

 

こんなにおもちゃを大切にして愛せるアンディなので、これからアンディがどうなっていくのか見てみたいなと思います。

 

もしかしたら、おもちゃに関係することをしているかもしれません。

 

今後どこかでアンディが登場してくれたら嬉しいなと思います。

 

この記事を通して、アンディを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー/アンディ徹底考察】アンディのウッディに対する本当の想いの考察

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー2/アンディ徹底考察】おもちゃたちへの想いと、アンディにとってのウッディという存在の考察

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください(*´ω`*)

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    アンディはおもちゃを作ってたり、おもちゃやさんになってたりするかもしれませんね(;O;)