スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/ビッグ・ベビー徹底考察】ビッグ・ベビーがずっと無表情な理由 ~感情を素直に表現できることの尊さ~

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!

 

PIXARが大好きで、毎日PIXARの映画を何度も見込んでいる、Hirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3ビッグ・ベビー

について考察したいと思います!

 

私は、キャラクターの考察をする時は必ず、そのキャラクターだけに注目して何度も徹底的に映画を見込み、そのキャラクターの全てのセリフと行動を記録してから考察しています。

 

なぜなら、PIXARの映画を作っている人たちは、画面に映る全てのものを妥協せず徹底的に丁寧に作り込んでいるからです。

 

つまり、PIXARの映画のシーンの中で全く話さず動かないキャラクターがいたとしても、PIXARの人たちはそのキャラクターの表情や姿なども丁寧に作り込んでいて、命を吹き込んでいるのです。

 

PIXARのそのような映画作りの姿勢を知っているからこそ、私はキャラクターひとりひとりに注目して何度も徹底的に映画を見込みたいと思うのです。

 

ちなみに、今回考察するビッグ・ベビーの全てのセリフと行動の記録は、ルーズリーフ約1ページ分でした。

 

それをしたからこそ気付いたビッグ・ベビーの様々なことを、今回は詳しく考察していきたいと思います!

 

では参ります!

 

 

ビッグ・ベビーといえば、サニーサイドにいる赤ちゃんのおもちゃですよね!

 

ロッツォとの付き合いが長く、サニーサイドではロッツォのもとで一緒に悪さの手伝いをしていました。

 

そんなビッグ・ベビーですが、ずーーーーーーっと無表情なのをご存知でしょうか?

 

表情がぴくりとも変わりません。ずっと無表情なのです。

 

なぜビッグ・ベビーは感情を表現できなくなってしまったのでしょうか。

 

そして、そんなビッグ・ベビーが感情を表現することができるようになる時は来るのでしょうか。

 

トイ・ストーリー3の監督であるリー・アンクリッチさんは、ビッグ・ベビーがトイ・ストーリー3で1番好きなキャラクターだそうです。

 

監督がそれほどまで愛し、こだわり、深く掘り下げて生み出したビッグ・ベビーというキャラクターを、今回は徹底的に考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

ビッグ・ベビーの基本情報

  • 名前:ビッグ・ベビー (BIG BABY)

 

  • 声:末原一乃 (原語版:WOODY SMITH)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー3 (原題:TOY STORY 3) 2010年公開

 

  • サニーサイドのおもちゃで、もともとはロッツォとチャックルズと共にデイジーのおもちゃだった

 

ビッグ・ベビーのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

ビッグ・ベビーに起きた、辛く苦しく耐え難いこと

 

ビッグ・ベビーはもともとロッツォとチャックルズと共に、デイジーという女の子のおもちゃでした。

 

その時のビッグ・ベビーの姿は、サニーサイドでの姿と多くの違いがあります。

 

デイジーのおもちゃだった時のビッグ・ベビーは薄黄色のかわいらしい服を着ており、左目も壊れておらず、もちろん体に落書きもなく、首からはデイジーの名前が書いてあるペンダントを下げていました。

 

ビッグ・ベビーたちは出かけ先で忘れられてしまい、やっとの思いでデイジーの家に戻りますが、そこでロッツォとチャックルズはデイジーが新しいロッツォを買ってもらっているのを見てしまいます。

 

ですが、ビッグ・ベビーだけはロッツォとチャックルズを持ち上げていたので自分の目では事実を確認しておらず、ロッツォとチャックルズの会話から何が起こったのか想像するしかありませんでした。

 

その時のロッツォとチャックルズの会話はこうです。

ロッツォ:代わりがいた

 

チャックルズ:君の代わりだけだろ…

 

ロッツォ:俺達みんなの代わりだ!決まってるだろ!

 

これを聞いていたビッグ・ベビーの気持ちはどうだったでしょうか。

 

きっとビッグ・ベビーはロッツォのこともチャックルズのことも大好きで信頼していたと思いますが、そのふたりが真逆のことを言い合っていて、さらにはロッツォが豹変してしまう…

 

ビッグ・ベビーは困惑したのではないかなと思います。

 

その会話を聞いたビッグ・ベビーは泣き出し、自分の目で事実を確かめようと窓を覗こうとしますが、ロッツォから「もうお前なんか好きじゃないんだ!」と言われペンダントを引きちぎられ投げ捨てられ、無理やり手首をつかまれロッツォに連れて行かれてしまいました。

 

ペンダントを引きちぎられた時のビッグ・ベビーはとても悲しそうな表情をしていて、投げ捨てられたペンダントの方に行こうとしたところを連れて行かれてしまいました。

 

その後ビッグ・ベビーたちはピザ・プラネットの車のバンパーに乗り移動しますが、段差で放り出されたのを境に、ビッグ・ベビーの右目が壊れてしまっていました。

 

豹変したロッツォを見つめるビッグ・ベビーは、悲しみに溢れているような表情をしていました。

 

 

これがビッグ・ベビーに起きたことですが、これらのことを見ると、ビッグ・ベビーはきっとデイジーのことが大好きだったのだと思います。

 

そしてロッツォやチャックルズのことも、同じように大好きだったのではないかなと思います。

 

デイジーに忘れられ取りに戻ってこなかっただけでも十分悲しく辛い出来事なのに、家に戻った後は何が起きたのか自分の目で確かめることができないまま、ロッツォとチャックルズの食い違う会話しか情報がなく、ビッグ・ベビーはとても苦しかったと思います。

 

なぜロッツォが変わってしまったのか、ロッツォとチャックルズが言っていたことはどっちが本当なのか、大好きなデイジーが何をしていたのか…

 

本当のことが何もわからないまま、ビッグ・ベビーは何年もサニーサイドで過ごしてきたのだと思います。

 

現にロッツォはウッディたちにビッグ・ベビーの紹介をする時、こう言っていました。

 

「かわいそうな子さ、私と一緒に捨てられたんだ。持ち主の女の子に」

 

このことから、ビッグ・ベビーはずっとロッツォから嘘の情報を刷り込まれ続けてきたのではないかと推測できます。

 

ビッグ・ベビーのことを思うと、胸が張り裂けそうになります。

 

 

このようなことがあったから、サニーサイドでのビッグ・ベビーはずーーーーっと無表情なのだと思います。

 

何をするにしても無表情、感情がないように感じます。

 

そうなってしまってもおかしくないほど、ビッグ・ベビーに起こったことが辛く苦しく耐え難いことだったということを物語っていると思います。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/チャックルズ徹底考察】チャックルズが体験した、辛く悲しい出来事が自分の幸せに繋がるということ

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/ロッツォ徹底考察】豹変してしまった心理や、本心、矛盾点などの考察

 

ロッツォたちと一緒に悪さをするビッグ・ベビー

 

そんなビッグ・ベビーなので、サニーサイドではロッツォの一味と一緒になって悪さをしていましたが、それは本心からではないと思います。

 

ロッツォがバズを新しい仲間だと言った時は周りを見渡してから拍手をしていたり、ロッツォたちがバズをDEMOモードにした後にいもむし組行ってジェシーたちと話をしている時は、ビッグ・ベビーは違う方を向いていました。

 

ロッツォがMrs.ポテトヘッドの口を取りケンたちが笑っている時も、ビッグ・ベビーは無表情でした。

 

これらのことからも、ビッグ・ベビーが本心から悪さをしたいと思っていないことが感じ取れます。

 

ビッグ・ベビーは、ロッツォに歯向かうのも怖いしとりあえずともだちだったロッツォの言うことを聞いておこうと思っていたのかもしれません。

 

ビッグ・ベビーの感情

 

ウッディたちがサニーサイドを脱出している時、ビッグ・ベビーはひとりでブランコに乗り夜空を眺めていました。

 

この時のビッグ・ベビーは過去のことを思い出し、あの時いったい何が起きたんだろうと考え、大好きなデイジーのことを思い出していたのではないでしょうか。

 

ウッディがロッツォに対してデイジーの話しをし始めた時は、今まで無表情だったビッグ・ベビーに変化が出てきます。

 

ロッツォが「俺達の代わりを買った!」と言いウッディが「君の代わりだけだ!」と言った時、ビッグ・ベビーの目がほんの少しだけ動きます。

 

この時のビッグ・ベビーは、自分がずっと知りたかったことの話題が出てきて驚き、代わりがいたのはロッツォだけで、あの時本当のことを言っていたのはチャックルズだったとわかり混乱したのだと思います。

 

その後ウッディがビッグ・ベビーのペンダントを出した時、ビッグ・ベビーは悲しんでるような懐かしんでるような、なんとも言えない表情をし「うぅぅ…」と声を出していました。

 

そしてウッディが渡してきたペンダントを拾い、とても悲しそうな声でビッグ・ベビーが初めて言葉を発します。

 

その言葉というのは、「ママ」です。

 

ビッグ・ベビーにとって持ち主のデイジーはママであり、とても大好きだったことが感じ取れます。

 

ですがまたもやそのペンダントをロッツォに乱暴に奪われてしまい、その時は泣いているような声を出していました。

 

そして自分のことを責めてくるロッツォのことを、とても怯えているような表情で見ていました。

 

そしてロッツォからペンダントを破壊されてしまった時は、ビッグ・ベビーは泣きながらずっとペンダントを見つめていました。

 

大好きなママであるデイジーのペンダントを壊され悲しいんでいるビッグ・ベビーでしたが、さらにロッツォからハンマーで思いっきり突かれてしまい、その瞬間ビッグ・ベビーが今まで抱え続けていたものがすべてロッツォへの怒りに変わったのだと思います。

 

その後ビッグ・ベビーはロッツォを持ち上げゴミ箱に投げ入れ、舌をぶーぶーさせていました。

 

ロッツォのことをそのようにしたところでビッグ・ベビーの気持ちが晴れるわけではないと思いますが、それでも抑えられない悲しみや苦しみが怒りになって押し寄せてきたのだと思います。

 

その後ビッグ・ベビーは高い段差を上るレックスを持ち上げ逃げるのを手伝っていたので、そのことからもビッグ・ベビーが悪人でないことが伝わってきます。

 

ビッグ・ベビーの変化

 

エンディングでのビッグ・ベビーは笑顔で楽しそうに砂場でお山を作って遊んでいたり、それが壊れて泣いてしまってもバービーがミルクをくれてよしよししてくれて、バービーに顔をよせ微笑んでいたりと、表情豊かになっていました。

 

ずっと無表情で感情を表に出すことができなかったビッグ・ベビーなので、エンディングのこのシーンだけでも笑ったり泣いたり安心してるような表情をしていたので、感情を素直に表現できるようになって本当によかったなと思いました。

 

そして最後には金色のおむつを履いて、笑顔でケンとバービーを抱っこして持ち上げていました。

 

ビッグ・ベビーは感情を出せるようになっただけでなく、共に幸せを共有できる家族のような存在ができたようで、とても嬉しくなりました。

 

ママのように大好きだったデイジーの記憶は消えないかもしれませんが、これからはケンとバービーが我が子のように愛してくれるのかもしれません。

 

ビッグ・ベビーが安心して素直に暮らせたら幸せだなと思います。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/バービー徹底考察】辛く悲しい想いを2回もさせられたが、最後には幸せになったバービー

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/ケン徹底考察】悪人でMで変態だったケンが、愛する存在との出会いで少しずつ変わっていった物語

 

原語版のビッグ・ベビーの声優

 

先程も述べたように、ビッグ・ベビーのセリフはひとつだけで、それ以外は赤ちゃんの声を合成した物だそうです。

 

ビッグ・ベビーの唯一のセリフは「ママ」ですが、このためだけにオーディションをし「ママ」と言ってもらったそうです。

 

監督のリー・アンクリッチさんは赤ちゃんの声だけを聞いて、胸が裂けるような切ない声を選んだそうですが、後で赤ちゃんの名前を聞いたら、‘‘ウッディ’’という子だと知り、ゾクッとしたそうです。

 

原語版のビッグ・ベビーの声優はウッディ・スミス(WOODY SMITH)さんです。

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のビッグ・ベビーについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

事実を知ることができないまま愛する人と離れるという、とんでもなく苦しい想いをさせられたビッグ・ベビーでしたが、最後には事実を知ることができて、そして感情を素直に表現できるようになって、本当に良かったなと思いました。

 

トイ・ストーリー3の監督のリー・アンクリッチさんが1番好きなキャラクターということもあり、それだけ想いを込めて生み出されたキャラクターなんだなという深みを感じることができました。

 

この記事を通して、ビッグ・ベビーを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3/サニーサイドのおもちゃ一覧】全13キャラクターを簡単に紹介&解説

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください(*´ω`*)

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    ビッグ・ベビーの辛く苦しい過去に胸を痛めました。

    ですが、最後にビッグ・ベビーが笑ったり泣いたりしているのを見て、安心しました。