スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/ボニー徹底考察】ボニーがウッディやバズたちの持ち主にふさわしい理由 ~アンディとの共通点~

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!

 

PIXARが大好きで、毎日PIXARの映画を何度も見込んでいる、Hirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3ボニー

について考察したいと思います!

 

私は、キャラクターの考察をする時は必ず、そのキャラクターだけに注目して何度も徹底的に映画を見込み、そのキャラクターの全てのセリフと行動を記録してから考察しています。

 

今回考察するトイ・ストーリー3のボニーの記録は、ルーズリーフ約2ページ分でした。

 

それをしたからこそ気付いたボニーの様々なことを、今回は詳しく考察していきたいと思います!

 

では参ります!

 

 

ボニーといえば、トイ・ストーリー3のラストでアンディからウッディやバズたちを譲ってもらった、ウッディたちの新しい持ち主ですよね!

 

そんなボニーですが、実はアンディと多くの共通点があるのをご存知でしょうか?

 

そこから見えてくる、ボニーがウッディやバズたちの持ち主にふさわしい理由とはどんなものなのでしょうか。

 

そして、そこに辿り着くためにはボニーの性格や人柄を深く理解する必要があると思います。

 

ボニーの性格や人柄とアンディとの多くの共通点から、ボニーがウッディやバズたちの新しい持ち主にふさわしいことを考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

ボニーの基本情報

  • 名前:ボニー (BONNIE)

 

  • 声:諸星すみれ (原語版:EMILY HAHN)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー3 (原題:TOY STORY 3) 2010年公開

 

  • おもちゃが大好きで、自分も一緒になってごっこ遊びをする

 

ボニーの性格と人柄

 

ボニーの性格は簡潔に表現すると、ふたつの特徴があると思います。

 

それは、

  • おもちゃが大好きで、ボニーにとっておもちゃは特別な存在

 

  • 人見知りで照れ屋さんだが、お母さんには安心している

 

というところです。

 

ボニーが初登場した時は、保育園の玄関のカウンターに座ってひとりでお猿さんのおもちゃで遊んでいました。

 

ちなみに、一緒にいた保育園の先生はボニーのお母さんです。

 

ボニーはクラスメイトと遊ばずにお母さんの側にいることから、お母さんに対して安心していて、お母さんとの信頼関係が良いことが伺えます。

 

そしておもちゃで遊んでいることからも、おもちゃが好きなことが伝わってきます。

 

ボニーはアンディのお母さんに挨拶をする時、とても小声で目は合わせず、挨拶した後は手に持っていたぬいぐるみをぎゅっと抱きしめていた。

 

そのことから、ボニーはとても人見知りで照れ屋さんのように感じました。

 

そして、照れているような時にぬいぐるみをぎゅっとしていることからも、おもちゃに対して安心感を抱いていることが伝わってきます。

 

その後またお猿さんのぬいぐるみで遊び始めたり、おもちゃの入った箱の中をのぞき込もうとしたり、それが叶わなくてむすっとしていることからも、ボニーはおもちゃが大好きで、ボニーにとっておもちゃという存在が特別なことが伝わってきます。

 

ウッディがサニーサイドを脱出する時も、ボニーはひとりで歌いながらけんけんぱをして遊んでいたので、ボニーは誰かと遊ぶことよりもひとりで遊んでいる方が落ち着くのかもしれません。

 

ちなみに監督のリー・アンクリッチさん曰く、アンディとモリーは小さい時にサニーサイドに通っていたそうで、そのためアンディのお母さんとボニーのお母さんは昔から知り合いなのだそうです。

 

ボニーの尊さ

 

そんな人見知りで照れ屋さんなボニーは、アンディが家に来た時も少し怯えている様子でした。

 

アンディに気付いたボニーは「ママ…」と言いながら、手に持っているプリックルパンツを抱きしめていました。

 

このことからも、ボニーがお母さんとおもちゃに対して安心していることが伝わってきます。

 

ですがそんなボニーが、アンディにはすぐに心を開いたように見えました。

 

最初はお母さんの陰に隠れてアンディのことを見ていましたが、アンディがジェシーとブルズアイの紹介をすると、照れた様子を見せながらもアンディに近づいて行き、ジェシーとブルズアイを受け取った後からはボニーの表情が自然になり、笑顔を見せるようになっていました。

 

その後もボニーは笑顔でアンディのこと見つめ、おもちゃたちの紹介をしっかり聞いているようでした。

 

これは、おもちゃが大好きで大切にしているボニーと、これから自分の宝物を譲るボニーにおもちゃたちのことを知ってもらいたいというおもちゃたちに対する愛情を持つアンディ、おもちゃが大好きなふたりだからこそすぐに距離が縮まったのではないかなと思います。

 

ボニーは一通りアンディからおもちゃを譲ってもらった後、すぐに段ボールの中を覗いてウッディを見つけていましたが、ボニーが段ボールを覗くという行動はボニーの登場シーンでもあり、これが2回目です。

 

それくらい、ボニーはおもちゃが大好きで、だからこそ箱の中を見てみたくなってしまうのかもしれません。

 

ボニーはウッディを見つけると嬉しそうにして腕を伸ばしていましたが、アンディにそれを拒まれてしまい、悲しそうな表情をしてアンディのことを見つめていました。

 

ですがその後ボニーは、ウッディのことを話しているアンディのことをじっと見つめて、アンディのウッディに対する想いを真剣に受け止めているようでした。

 

そんなボニーの姿を見て、ボニーは人の気持ちを受け止めることができる人なんだなと思いました。

 

ボニーはアンディからウッディを渡された後、嬉しそうにウッディのことを見つめ、そしてその後アンディのことを見てから、満面の笑みでウッディを抱きしめていました。

 

ウッディをもらえたことだけに嬉しくなってもおかしくない時に、ボニーはアンディのことを見たことからも、ボニーはアンディのウッディに対する想いも一緒に受け取ったのではないかなと感じました。

 

その後ボニーはアンディと一緒におもちゃで遊びますが、その時のボニーは人見知りで照れ屋さんな性格が想像できないくらい生き生きしているなと感じました。

 

一緒に遊んでいてアンディが‘‘やられたー’’といわんばかりに後ろに倒れ込んだ時、ボニーはそれを見て足をジタバタさせ、とても喜んでいる様子でした。

 

その時のボニーは、きっとアンディのことが大好きになり、アンディと一緒に遊んだこの思い出はボニーの中にずっと素敵なものとして残るんだろうなと思いました。

 

ボニーとアンディの共通点と相違点

 

新たにウッディやバズたちの持ち主になったボニーですが、実はアンディと多くの共通点があります。

 

そして、少しの相違点もあるのでまとめたいと思います。

 

まずはボニーとアンディの共通点です。

  • おもちゃが大好きで、とても大切にしている

 

  • 自分の部屋の壁に自分で描いたであろうおもちゃたちの絵が貼ってある

 

  • ベッドにダイブして笑顔でおもちゃたちを抱きしめている (アンディは今作の冒頭のホームビデオの最後で、ボニーはウッディを家に連れてきてからの遊びの最後でしている)

 

  • 壊れたおもちゃを自分でなおした (アンディは前作でウッディを、ボニーはチャックルズをなおした)(ボニーはチャックルズをなおしたとは直接言っていないが、チャックルズに縫われている糸の感じから、ボニーがなおしたと思われる)

 

  • ウッディとバズの手をタッチさせている (アンディは今作の冒頭のホームビデオ内で、ボニーは映画ラストでアンディと遊んでいる時にさせている)

 

  • ウッディに手を振らせている (アンディは今作の冒頭のホームビデオのモリーの誕生日の時、ボニーはアンディとさよならする時にさせている)

 

以外に多くの共通点があるのが伝わってきます。

 

感慨深いのは、どちらかが相手を真似しているわけではなく、お互いが自然にやっていることが偶然一致しているという点です。

 

これらの共通点はどれもおもちゃに対してのことなので、アンディとボニーのおもちゃに対しての想いが似ていることが伝わってきます。

 

このことからも、ボニーはウッディやバズたちの新しい持ち主にふさわしいことが感じられます。

 

 

続いてボニーとアンディの相違点です。

  • アンディのおもちゃはプラスチックのものが多いが、ボニーのおもちゃはぬいぐるみが多い

 

  • おもちゃでごっこ遊びをする時、ボニーは自分自身も物語の登場人物になるが、アンディは自分自身が物語の登場人物になることはない

 

  • アンディが壁に貼っていた絵はウッディとバズだけだったが、ボニーは全員分の絵を貼っている (トトロぬいぐるみを除く)

 

ボニーとアンディの違うところが伺えます。

 

ボニーは女の子だからやわらかいぬいぐるみを好むのかなと思いましたし、おもちゃでの遊び方は違えども発想力が素晴らしいことは共通しているなと思いました。

 

今後ボニーがどうおもちゃたちと接していくのか、とても楽しみです!

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/アンディ徹底考察】実は冒頭から描かれていた、アンディのおもちゃたちへの想いなどの考察

 

トイ・ストーリーに登場した持ち主から見る、ボニーのこれから

 

トイ・ストーリーにはこれまで、様々な持ち主が登場してきました。

 

その持ち主たちが、おもちゃに対してどう接していたのかまとめてみたいと思います。

 

  • アンディ:おもちゃをとても大切にし、大人になってもおもちゃたちを愛していた

 

  • シド:おもちゃで遊ぶことは好きだが、おもちゃを爆破したりロケットで飛ばしたりしていた

 

  • アル:おもちゃをお金儲けのために使っていた

 

  • エミリー:子供の時はアンディのようにおもちゃを大切にしていたが、大人になってからはリサイクルに出していた

 

  • モリー:成長したモリーは、バービーを寄付の箱に投げ入れていた

 

  • デイジー:ロッツォたちをなくしても探しに戻らず、新しいのを買ってもらっていた

 

  • ボニー→???

 

こうして持ち主だけをまとめて見てみると、アンディのおもちゃたちへの愛が尊すぎると感じました。

 

今まで様々な持ち主が登場してきましたが、ボニーはこれからどんなふうになっていくのでしょうか。

 

できればアンディの想いを受け継いで、ウッディたちをずっと大切にしてほしいなと思いました。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー2/エミリー徹底考察】実はエミリーはジェシーを嫌いになんてなっていなかった

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のボニーについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ボニーの性格や人柄などを見ていて、ボニーはおもちゃたちに愛情を向けて大切にするひとだと感じました。

 

アンディがウッディたちを譲った相手がボニーでよかったなと思いました。

 

ボニーの今後が楽しみです!

 

この記事を通して、ボニーを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

次の記事へ>>>【トイ・ストーリー3/ボニーのおもちゃ一覧】全17キャラクターを簡単に紹介&解説

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク
トイ・ストーリー3
この記事を誰かに教えよう!
最新記事やPIXAR映画の小ネタなど、日々たくさんの情報を発信しています!
スポンサーリンク
PIXAR WORLD/ピクサーワールド

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    ボニーのおもちゃを愛する心と、アンディの想いを真剣に受け止める姿が、とても尊いなと思いました(;_;)

    これからのボニーが楽しみです!