スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの目的の達成と、前2作の設定を活かしたシリーズの集大成シーン

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3リトル・グリーン・メン

について考察したいと思います!

 

リトル・グリーン・メンといえば、トイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

トイ・ストーリーグッズでは、ウッディやバズにならぶ人気なのではないかなと思います。

 

そんなリトル・グリーン・メンですが、今作で人生の目的を達成するのをご存知でしょうか?

 

リトル・グリーン・メンたちの人生の目的とはなんなのか、そしてどのシーンで達成したのでしょうか。

 

そして、今作では前2作の設定を活かしたシリーズの集大成ともいえるシーンがあります。

 

そのシーンとはいったいどこなのでしょうか。

 

その他にも、リトル・グリーン・メンたちのかわいいシーンがあったり、3体のうち1体だけ特徴的だったり、仲間想いなところがあったりと、興味深いところがたくさんありました。

 

今作のリトル・グリーン・メンはセリフが少ないので、あまり目を向けられないキャラクターなのかなと思いますが、あえて注目したことによってわかったことがたくさんあったので、そのようなことを含めて詳しく徹底的に考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

リトル・グリーン・メンの基本情報

  • 名前:リトル・グリーン・メン (LITTLE GREEN MEN)

 

  • 声:落合弘治 (原語版:JEFF PIDGEON)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ピザ・プラネットのおもちゃで、ピーピー音が鳴る

 

  • Mr.ポテトヘッドに命を救ってもらい、とても恩を感じている

 

リトル・グリーン・メンのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

リトル・グリーン・メンの実際とアンディの想像

 

トイ・ストーリー3の冒頭はアンディのごっこ遊びの空想から始まりますが、その時のリトル・グリーン・メンたちはポテトヘッド夫婦のことを車で迎えに来ていて、ポテトヘッド夫婦の子分のような立ち位置に見えました。

 

実際にリトル・グリーン・メンたちはポテトヘッド夫婦の養子なので、現実とアンディの中のおもちゃの設定が一致していて、すごいなと驚きました。

 

アンディはポテトヘッド夫婦がリトル・グリーン・メンたちを養子にしたことをもちろん知らないはずなので、偶然の一致というのはあるんだなと思いました。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/アンディ徹底考察】実は冒頭から描かれていた、アンディのおもちゃたちへの想いなどの考察

 

リトル・グリーン・メンたちのMr.ポテトヘッドに対する想い

 

前作の10年後が舞台のトイ・ストーリー3でも、リトル・グリーン・メンたちはやはり前作同様、冒頭からMr.ポテトヘッドに「命の恩人、感謝、永遠に」と伝えていました。

 

前作の時より言い方が少しゆっくりになり穏やかになったように感じたので、前作からの10年間で言い方が変化してきたのかもしれません。

 

ですが言っていることは全く変わっていないので、リトル・グリーン・メンたちが命の恩人であるMr.ポテトヘッドに対して感謝を永遠に伝えたいという想いは変わっていないことが伝わってきます。

 

今作のリトル・グリーン・メンたちは基本的にMr.ポテトヘッドの後ろにいたり歩いていたりしていることからも、Mr.ポテトヘッドに対する想いが表れていると思います。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー2/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの生きる理由と、なぜ最後にアンディのおもちゃになったのかの考察

 

感情がわかりづらいリトル・グリーン・メン

 

今作のリトル・グリーン・メンは非常に感情がわかりづらいなと感じます。

 

なぜなら、周りで起こっていることに対して表情があまり変わらないからです。

 

表情が全く変わらないシーンはこちらです。

  • 軍曹が持ってきたアンディの携帯にみんなが喜んでいる時

 

  • アンディからゴミ袋に入れられて、ゴミ袋の中にいる時

 

  • モリーに捨てられてバービーが泣いている時

 

  • ウッディたちが揉めている時

 

  • アンディが自分たちを探していると知った時

 

  • サニーサイドのゴミ捨て場でロッツォと対面している時

 

リトル・グリーン・メンたちが状況に対してあまりリアクションしていない様子が伝わってきます。

 

そうかと思えば、感情が表情に出ているなと感じる部分もあります。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • ゴミ袋を無事に脱出して車庫に辿り着いた後、悲しそうな表情をしている

 

  • いもむし組でウッディが去る時、下を見て悲しそうにしている

 

  • ウッディがサニーサイドに助けに来た時、嬉しそうにウッディのもとに走って行っている

 

  • バズがアクションを決めてゴミ捨て場の扉を開けた時、驚いているような表情をしている

 

  • エンディングでMr.ポテトヘッドにいたずらをするお豆3兄妹を見て、笑っている

 

  • エンディングでバズとジェシーが踊っているのを見て、リズムに乗って揺れながら楽しそうにしている

 

リトル・グリーン・メンたちの感情が伝わってくるなと思います。

 

このように、リトル・グリーン・メンたちはドライなのかなと思いきや、感情が表情に現れるところもあり、感情がわかりづらいなと感じました。

 

興味がある方はぜひ、リトル・グリーン・メンたちの表情に注目して見てみてください!

 

かわいいリトル・グリーン・メン

 

リトル・グリーン・メンはその容姿のかわいさで人気ですが、行動や仕草でもそのかわいさが際立っているなと思います。

 

今作のリトル・グリーン・メンのかわいさおすすめのシーンはこちらです。

  • ゴミ袋の脱出するためにみんなでレックスのことを押す時、リトル・グリーン・メンはハムのお尻を押している姿

 

  • みんなでサニーサイド行きの箱に入る時、自分の力だけでは入れないのでジェシーの前に順番で並んでジェシーを見つめている姿

 

  • その後ジェシーから抱っこされる時、両腕を広げて脇の下を開ける姿

 

  • サニーサイドのいもむし組で子供たちから遊んでもらう前におもちゃ化する時、コロンと倒れる姿

 

  • アンディが自分たちを探していることを知り喜びはしゃぐレックスに持たれて振られている時、ジタバタしている姿

 

  • サニーサイドで牢屋に入れられる時、自分たちから牢屋の方に歩いて行っている姿

 

  • 無事にアンディの家の前まで帰ってきて庭で水浴びをする時、水を嫌がっているような表情と仕草

 

どのシーンも著作権の関係上、画像を載せられないのが心苦しいです。

 

ですがどのシーンもかわいいリトル・グリーン・メンの姿が見られると思うので、リトル・グリーン・メン好きの方はぜひ、ご覧になって見てください(*´ω`*)

 

リトル・グリーン・メン3体のうち、他の2体と違う1体

 

アンディが持っているリトル・グリーン・メンの数は3体ですが、そのうちの1体が少し特徴的です。

 

というのは、その場の雰囲気や流れにあまり興味を示さず、上の空のような様子のリトル・グリーン・メンが1体いるのです。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • スタッフミーティングでウッディが話している時、みんながウッディのことを見ている中、リトル・グリーン・メン1体だけウッディではない何かを見ている

 

  • ロッツォがいもむし組から去る時、みんながロッツォにあいさつしている中、リトル・グリーン・メン1体だけハムの方向を見ている

 

  • バービーがケンと結ばれて、バービーがみんなの方を向いた時、みんながバービーのことを見ている中、リトル・グリーン・メン1体だけスリンキーの胴体のバネを見ている

 

  • アンディの部屋でウッディとさよならする時、リトル・グリーン・メン1体だけ一切ウッディのことを見ずにすぐに段ボールの中に潜り始める

 

このシーンのリトル・グリーン・メンが全て同じリトル・グリーン・メンとは限りませんが、行動パターンを見る限り同じリトル・グリーン・メンのような気がします。

 

みんなと違うことは良いことだとか悪いことだとかでは全然なく、ただただリトル・グリーン・メンの中にも個性があるということをお伝えしたくて書きました。

 

リトル・グリーン・メンにとっての‘‘神様”

 

サニーサイドに行き着いたリトル・グリーン・メンたちは、クレーン車のおもちゃを見るなり指をさして、「神様~」と言い、体で追っていました。

 

トイ・ストーリー1作目のリトル・グリーン・メンたちはクレーンゲームの景品であり、そのクレーンのアームを‘‘司令官”と呼び‘‘神様”扱いしていました。

 

そのこともあり、クレーンのアームにはすぐに反応してしまう様子が伝わってきます。

 

ビッグ・ベビーに気付かないリトル・グリーン・メン

 

サニーサイドから脱出する時、リトル・グリーン・メンたちはブランコに乗っているビッグ・ベビーに遭遇しますが、リトル・グリーン・メンたちは一切ビッグ・ベビーのことを見ていないので、きっとビッグ・ベビーに気付いていないのだと思います。

 

リトル・グリーン・メンたちはこの時、いったい何のことを考えていたのでしょうか。興味深いです。

 

その後リトル・グリーン・メン1体がブルズアイから落ちてしまい音が鳴りビッグ・ベビーに気付かれてしまいますが、段差の陰に隠れている時にリトル・グリーン・メンが3体ともウッディから口をふさがれているのが面白いなと思いました。

 

2体は手で、1体は足で口をふさがれていて、その時のリトル・グリーン・メンたちの表情とウッディの格好が面白いので、興味のある方はぜひ見てみてください。

 

見捨てないリトル・グリーン・メン

 

サニーサイドのゴミ捨て場を脱出する時、リトル・グリーン・メン1体が蓋に足を挟めてしまい身動きが取れなくなってしまいますが、その時他の2体はその場にい続けていました。

 

置き去りにしたり自分たちだけ助かろうとせず仲間の側にい続けていたことに、リトル・グリーン・メンたちの仲間を想う気持ちが現れているなと思いました。

 

命の恩人、感謝永遠に

 

ゴミ処理場に行き着いた時、リトル・グリーン・メンたちはクレーンのアームを見つけるなり真っ先に指をさして、「神様~」と言い近寄っていました。

 

やはり、リトル・グリーン・メンたちにとってはMr.ポテトヘッドへの命の恩よりも、クレーンのアームという‘‘神”に対する信仰心の方が大きいのかもしれません。

 

その後リトル・グリーン・メンたちはクレーンのアームを操作して焼却炉にいるウッディたちを救うことになりますが、このシーンがやはり今作におけるリトル・グリーン・メンたちの1番の見どころだなと思います。

 

このシーンでリトル・グリーン・メンたちは‘‘クレーンのアーム”‘‘レバー”で操作していましたが、これはトイ・ストーリー1作目で彼らが‘‘クレーンゲームのアーム”‘‘司令官と呼び神様”として扱っていたことと繋がりますし、トイ・ストーリー2で車のチェンジ‘‘レバー”のことを‘‘魔法の杖”と言っていたこととも繋がっている、まさにシリーズすべてを通しての集大成ともいえるシーンだと思います。

 

さらに、このリトル・グリーン・メンたちがなぜアンディのもとに来たのかというと、Mr.ポテトヘッドから命を救ってもらったことに恩を感じ感謝を永遠に伝えるために付いて来たからでした。

 

そのリトル・グリーン・メンたちのMr.ポテトヘッドに対する命の恩と感謝を永遠に伝えたいの想いが、このシーンでMr.ポテトヘッドの命を救うことによって恩返しをしたのだと思います。

 

その後、リトル・グリーン・メンたちはMr.ポテトヘッドのもとに来て、Mr.ポテトヘッドから「感謝永遠に」と言われた時、照れたような表情で3体で目を見合わせていたことからも、Mr.ポテトヘッドに命の恩返しができたことに喜んでいる様子が伝わってきました。

 

その後リトル・グリーン・メンたちはMr.ポテトヘッドから「いい子だぞ~」と言われながら持ち上げられますが、その時も「パ~パ~」と言ってMr.ポテトヘッドを見つめていて、嬉しそうにしているようでした。

 

前作からずっと言い続けてきた「命の恩人、感謝永遠に」の想いが、今作で遂にMr.ポテトヘッドに届いて、本当に良かったなと思いました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】Mr.ポテトヘッドと様々なキャラクターの関係性の変化や、怒りの感情などの考察

 

リトル・グリーン・メンのこれから

 

エンディングでは、Mr.プリックルパンツと共に演劇をしている姿が見られました。

 

今までは、命の恩を感じているMr.ポテトヘッドに感謝を永遠に伝えることが彼らの目的のようでしたが、それが達成されたので、これからは趣味に生きることにしたのかもしれません。

 

これからのリトル・グリーン・メンたちに注目です!

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/Mr.プリックルパンツ徹底考察】演技やウッディに対する想いと、プリックルパンツの立ち位置などの考察

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のリトル・グリーン・メンについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

感情がわかりづらかったり、1体だけ特徴的だったり、かわいさもあったりと、実は見どころ満載で驚きでしたし、見ていて楽しかったです。

 

そしてやはり、前2作の設定をうまく活かした焼却炉のシーンは、ただただ絶賛の拍手を送るばかりです。

 

PIXARの方々の作品への愛と、キャラクターへの愛がとても伝わってきました。

 

この記事を通して、リトル・グリーン・メンを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー2/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの生きる理由と、なぜ最後にアンディのおもちゃになったのかの考察

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください(*´ω`*)

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    クレーンのアームとレバーの設定をうまく活かしていて、これを考えた方はとてもすごいなと感動しました!