スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/Mr.ポテトヘッド徹底考察】様々なキャラクターとの関係性の変化や、怒りの感情や屋根裏との関係などの考察

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3Mr.ポテトヘッド

について考察したいと思います!

 

Mr.ポテトヘッドといえば、トイ・ストーリー人気キャラクターですよね!

 

東京ディズニーリゾートではポップコーンバケツになるほど大人気です!

 

そんなMr.ポテトヘッドですが、トイ・ストーリー3では様々なキャラクターとの関係性が変化しているのをご存知でしょうか?

 

関係性の変化が見られたキャラクターは、ウッディレックスMrs.ポテトヘッドリトル・グリーン・メンたちです。

 

前2作と比べて変化している関係性について、それぞれ1人ずつ考察していきます。

 

さらに、Mr.ポテトヘッドは怒っていることが多いようですので、怒りの感情についても少し触れたいと思います。

 

他にも、Mr.ポテトヘッド史上最高に悲しそうな表情も見つけました。

 

そのようなことを含めて考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

Mr.ポテトヘッドの基本情報

  • 名前:Mr.ポテトヘッド (MR.POTATO HEAD)

 

  • 声:辻萬長 (原語版:DON RICKLES)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ジャガイモのおもちゃで、胴体に目や鼻などのパーツを付け替えて遊ぶことができる

 

  • アンディのおもちゃ

 

  • Mrs.ポテトヘッドを愛している

 

  • リトル・グリーン・メンの命を救った

 

Mr.ポテトヘッドのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

Mr.ポテトヘッドとリトル・グリーン・メンたちの関係

 

Mr.ポテトヘッドとMrs.ポテトヘッドの間には子供がいます。

 

それはリトル・グリーン・メン3体です。

 

ですが、Mr.ポテトヘッドはそんな我が子たちを嫌がり避けたがっているようです。

 

それはきっと、しつこく「命の恩人、感謝永遠ニ」と言い寄られるからだと思います。

 

 

なぜしつこく言い寄られるのかと言うと、それはトイ・ストーリー2で車から落ちそうになったリトル・グリーン・メンたちをMr.ポテトヘッドが救ってしまったからだと思います。

 

そのことに恩を感じたリトル・グリーン・メンたちは、Mr.ポテトヘッドに感謝を伝え続けているのだと思います。

 

Mr.ポテトヘッドは最初からそのことに嫌がり避けているような態度を見せていましたが、結果的にリトル・グリーン・メンたちはMr.ポテトヘッドに付いて来てしまい、アンディのおもちゃになったのです。

 

さらに、奥さんのMrs.ポテトヘッドがリトル・グリーン・メンたちを養子にすると言ったので、その瞬間彼らはMr.ポテトヘッドの子供になったというわけなのです。

 

もちろん、Mrs.ポテトヘッドが養子にすると言った時、Mr.ポテトヘッドは嫌そうにしていましたが、リトル・グリーン・メンたちは乗り気で、すぐにMr.ポテトヘッドのことを「パ~パ~」と呼んでいました。

 

 

そんな出来事から10年の月日が流れたトイ・ストーリー3でも、Mr.ポテトヘッドはリトル・グリーン・メンたちから「命ノ恩人、感謝永遠ニ」と言い寄られていました。

 

それは冒頭のおもちゃ箱の中のシーンでのことですが、Mr.ポテトヘッドはまだそれを嫌がっているようでした。

 

ですが、リトル・グリーン・メンたちに「しーー」と言って静かにするように促しているので、親としてのしつけをする部分が出てきているのかなと思います。

 

 

そしてそれ以降親子間のやり取りは無いまま映画終盤になり、次に見られるのが焼却炉でのシーンです。

 

死を覚悟するMr.ポテトヘッドたちを、リトル・グリーン・メンたちがクレーンのアームを使って救いました。

 

トイ・ストーリー2ではMr.ポテトヘッドがリトル・グリーン・メンたちの命を救いましたが、今作ではMr.ポテトヘッドがリトル・グリーン・メンたちから命を救われることとなりました。

 

Mr.ポテトヘッドはずっとリトル・グリーン・メンたちを嫌がり避けてきましたが、そんな彼らに命を救ってもらうことになるとは、思ってもみなかったと思います。

 

その後、Mr.ポテトヘッドはリトル・グリーン・メンたちに「感謝永遠ニ」と彼らの言葉で感謝を伝え、「いい子だぞー」と言いながらリトル・グリーン・メンたちを持ち上げていました。

 

これは、Mr.ポテトヘッドがリトル・グリーン・メンたちに初めて肯定的になった瞬間だと思います。

 

エンディングでのMr.ポテトヘッドは、リトル・グリーン・メンたちがトトロからお手玉のようにされているのを見て微笑んでいます。

 

我が子を見て微笑む姿が、Mr.ポテトヘッドが‘‘自分はリトル・グリーン・メンたちの父親だ‘‘ということを自覚し始めたように見えます。

 

今後もポテト・グリーン・メン親子に注目です!

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの目的の達成と、前2作の設定を活かしたシリーズの集大成シーン

 

怒りをすぐ態度に出すMr.ポテトヘッド

 

Mr.ポテトヘッドは、状況に対する怒りをすぐに態度に出す傾向があるなと思います。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • スタッフミーティングを開こうと言うウッディのことを、すぐに睨んでいる

 

  • バズが屋根裏にスムーズに移動を行えるようにと言ったのに対して、「スムーズに!?わからないのか!おれたちは終わったんだ!お払い箱だ!!」と言っている

 

  • ゴミ袋から脱出して車庫に辿り着いた後、悲しそうな表情から怒りのような表情に変わり、「ガラクタ!ガラクタって言ってたぞ!」と言っている

 

  • 大急ぎで座席の下に隠れると言うウッディに対して、「お前いい加減にわかれよな!おれたちは捨てられたんだよ!!と言っている

 

  • ウッディが去った後のいもむし組で、バズがウッディの話をしたとたん怒っているような表情になり、「あいつどうかしてる!おもちゃが大学へ行くか!」と言っている

 

  • ロッツォに「おい!勝手に上さんの口を取るなよ!すぐに返せ!返せよ!!この苺熊め!!」と言っている

 

  • ビッグ・ベビーに「おいゴリラ!おれの上さんに触るな!おい!離せよ!このよだれ小僧!!」と言っている

 

Mr.ポテトヘッドが怒っている様子が伝わってきますし、これらのシーン以外でも、Mr.ポテトヘッドが怒っている様子は描かれています。

 

これは前2作でも見られた傾向でしたが、今作ではよりエスカレートしているように感じました。

 

ですが、怒りは悲しみの2次感情だと思うので、そう考えるとMr.ポテトヘッドが怒っている時は何かに悲しんでいる時なのかなと思って見てしまいます。

 

そうして見ていると、Mr.ポテトヘッドの気持ちが少し理解できたような気がしました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】なぜMr.ポテトヘッドはいつも気が立っているのか

 

屋根裏部屋とMr.ポテトヘッド

 

トイ・ストーリー1作目でボーがウッディに「あなたは別よ、いつだって特別な場所を用意してるわ」と言った時、Mr.ポテトヘッドは「そうさ、屋根裏部屋とかな、あっはっはっは」とウッディと屋根裏部屋を馬鹿にするような発言をしていました。

 

ですが今作でMr.ポテトヘッドが「おれたちは終わったんだ、お払い箱だ!」と取り乱している時、ウッディから冷静に‘‘自分たちは絶対に屋根裏部屋に行ける’’ということを伝えられていました。

 

ウッディと屋根裏部屋を馬鹿にしていたMr.ポテトヘッドが、今度はそのウッディから絶対に屋根裏部屋に行けると説得されている状況が、なんだか複雑だなと思いました。

 

ポテトヘッド夫婦

 

トイ・ストーリー1作目でMr.ポテトヘッドはMrs.ポテトヘッドが来ることを待ち望んでいましたが映画ラストでそれが叶い、トイ・ストーリー2ではとってもラブラブなふたりの様子が描かれていました。

 

今作はそれから10年後のお話なので、ポテトヘッド夫婦の関係性もその時から変わったようで、落ち着いて寄り添い合う夫婦になっているようです。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • ‘‘アンディと遊ぼう大作戦‘‘を諦めることになりMrs.ポテトヘッドが落ち込んでいることにすぐに気付き、背中をポンポンしている

 

  • ゴミ袋から脱出し車庫に辿り着いた後、泣き叫ぶMrs.ポテトヘッドの背中をさすっている

 

  • いもむし組でおもちゃ化する前に、Mrs.ポテトヘッドと手を取り合っている

 

  • ゴミ処理場で焼却炉から逃げる時、Mrs.ポテトヘッドと手を繋いで逃げている

 

  • 焼却炉で手をがっちり握り合い、見つめ合って、顔を寄せ合っている

 

  • 屋根裏行きの箱の中でウッディにさようならするシーンで、腰に手をまわし合っている

 

  • とにかく目を合わせることが多い

 

ラブラブな部分もありつつ、落ち着きの中で寄り添っているような部分もあり、長年一緒にいた夫婦なんだなと思いました。

 

いもむし組の子たちに乱暴に扱われて後、ふたりでパーツのやり取りをするシーンも、熱いラブラブ感は無いものの、熟年夫婦感が出ていて前作からの変化が見られるなと思いました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】Mrs.ポテトヘッドが見せてくれた、とても素敵で尊い‘‘愛‘‘

 

バズにヒントを与えるMr.ポテトヘッド

 

ゴミ袋に入っている時、Mr.ポテトヘッドは「どんなに張り切ったって無駄だぜ!」と言いますが、その言葉からバズは‘‘針‘‘を連想し、レックスのしっぽで穴を開ける作戦を思い付いていました。

 

これと同じ現象がトイ・ストーリー2でもありました。

 

それはバズが車のナンバーと羽から、ウッディを盗んだ犯人を捜している時です。

 

その時Mr.ポテトヘッドはバズに「勝手におもちゃで遊んでろよ」と言いますが、その言葉からバズは‘‘トイ‘‘を連想し、アルズ・トイ・バーンを思い付いていました。

 

1回だけでなく2回も同じようなことがあると、偶然ではなくMr.ポテトヘッドの何らかの才能なのではないかと思ってしまいます 笑

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】バズのともだちを大切に想う心と、だからこそ抱える様々な苦悩

 

バービーにキメ顔をするMr.ポテトヘッド

 

いもむし組でバービーがケンと想いを伝え合いバズたちの方を向いた時、Mr.ポテトヘッドはなぜかわからないですがキメ顔のような表情をしてバービーに返事をしているようでした。

 

トイ・ストーリー2でもMr.ポテトヘッドはバービーにアピールしていたので、その名残かもしれません。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/バービー徹底考察】辛く悲しい想いを2回もさせられたが、最後には幸せになったバービー

 

Mr.ポテトヘッドのウッディに対する接し方

 

トイ・ストーリー1作目の時のMr.ポテトヘッドはウッディに対して疑いが酷く、攻撃もすごかったですが、トイ・ストーリー2ではそれが無くなり関係が良くなっていました。

 

今作は、前半ではウッディに対して荒れるシーンも多々ありますが、後半ではやはりウッディのことを大切に想っているんだなということが読み取れるシーンがあります。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • アンディのもとに帰ると言うウッディに対して「子供たちと遊ぼうぜ!」と言い歩み寄って説得している

 

  • ウッディがサニーサイドに助けに来た時、笑顔で走って近づき胴上げしている

 

  • ウッディを助けるためにゴミ収集車に飛び移る

 

  • 「アンディは良い子だ、ちゃんと髪切れって言え」とさよならの言葉を爽やかに言っている

 

ウッディのことを大切に想っているのが伝わってきます。

 

どれも1作目の時と比べると信じられないことばかりです。

 

サニーサイドを脱出する時、Mr.ポテトヘッドはロッツォが寝ているのを確認してウッディに合図をするシーンがあります。

 

脱走作戦の中の合図は信頼関係が成り立っていないとできないことだと思うので、このシーンひとつ取っても1作目の時からの変化に感動します。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】ウッディの想いの全ての考察 ~伏線だらけのウッディ~

 

Mr.ポテトヘッド史上最高に悲しそうな表情

 

Mr.ポテトヘッドは普段から悲しさを怒りで表現することが多いので、悲しい表情をすることはかなり少ないですが、そんなMr.ポテトヘッドがとても悲しみに溢れているような表情をします。

 

それはいもむし組でウッディから「これで終わりか?ずっと一緒にやって来たってのに…」と言われた時です。

 

この表情を見た時に、‘‘Mr.ポテトヘッドもこんなに悲しそうな表情をするんだ‘‘ととても驚きました。

 

興味のある方はぜひ見てみてください。

 

Mr.○○○ヘッド誕生

 

今作ではMr.ポテトヘッドの他に2種類のMR.○○○ヘッドが登場します。

 

1つ目はMr.トルティーヤヘッド!

 

2つ目はMr.キュウリヘッドMr.ズッキーニヘッド!(似ているのでどっちかわからない(*_*;)

 

前2作ではパーツをこのように活用することはなかったので、面白い発想だなと思いました。

 

ですが、Mr.ポテトヘッドはもともとこのように色んな野菜にパーツを付けて遊ぶおもちゃだったそうなので、そういう意味では原点回帰したMr.ポテトヘッドなのかもしれません。

 

Mr.ポテトヘッドがレックスと手を繋ぐということ

 

Mr.ポテトヘッドはレックスが何か失敗をするといつも強い当たり方をしていました。

 

トイ・ストーリー1作目ではレックスが無線機を机から落としてしまった時。

 

トイ・ストーリー2ではレックスが犯行現場のジオラマをしっぽで壊してしまった時。

 

その他にも、軽い当たりをすることもしばしばあります。

 

そんなMr.ポテトヘッドが、焼却炉のシーンでは右手をレックスと繋ぎます。

 

しかもしっかりとレックスの目を見て繋いでいます。

 

これは今までのMr.ポテトヘッドからしたらあまり考えられないような行動だったので、見ていて驚きましたし、感慨深いなと思いました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】前2作から引き継がれたレックスらしさと、そこからの成長や変化などの考察

 

Mr.ポテトヘッドの反省

 

そんなよく怒っている様子なMr.ポテトヘッドなので、何かを反省するということもまずありません。

 

そんなMr.ポテトヘッドが、焼却炉から脱出した時にこう言います。

 

「屋根裏の件じゃ色々文句言ったが、あれはぜーんぶ取り消す」

 

Mr.ポテトヘッドが初めて心から反省した瞬間ではないかなと思います。

 

この点でもMr.ポテトヘッド自身の成長が伺えます。

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のMr.ポテトヘッドについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

リトル・グリーン・メンたちやMrs.ポテトヘッドとの関係性など、色んなキャラクターとの関係性が変化していて、見ていて面白かったです。

 

さらに今作では、Mr.ポテトヘッドの爽やかな表情やとても悲しそうな表情など、普段あまりしない表情が見れたことも嬉しかったです。

 

今後のMr.ポテトヘッドがどんな表情を見せてくれるのか、とても楽しみです!

 

この記事を通して、Mr.ポテトヘッドを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリ-3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー】なぜMr.ポテトヘッドはいつも気が立っているのか

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー2】Mr.ポテトヘッドの前作からの気持ちの変化と、残念なところの考察

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください(*´ω`*)

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    やはり、以前と比べて変化している関係性を見ると、おもちゃなのに人間らしいなと思います。