スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/レックス徹底考察】前2作から引き継がれたレックスらしさと、そこからの成長や変化などの考察

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3レックス

について考察したいと思います!

 

レックスといえば、トイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

前2作ではおとぼけ感や素直な性格で、ムードメーカーとも言える存在でした。

 

そんなレックスですが、トイ・ストーリー3では前作までのレックスらしさに磨きがかかり、さらに魅力溢れるキャラクターになっているのをご存知でしょうか?

 

前作から引き継がれている魅力と、今作から登場した新たな魅力が合わさり、魅力満載恐竜になっています!

 

さらに前作からの成長や変化が伺える場面があったりと、今作のレックスも見どころたくさんです!

 

そのようなことを含めて考察していきたいと思います!

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

レックスの基本情報

  • 名前:レックス (REX)

 

  • 声:三ツ矢雄二 (原語版:WALLACE SHAWN)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ティラノサウルスのおもちゃで、身売りした小さな会社で作られた

 

  • アンディのおもちゃ

 

  • ちょっぴり気弱でおとぼけな性格

 

  • 感情が表に出やすい性格

 

レックスのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

アンディのレックスに対するイメージ

 

レックスはティラノサウルスのおもちゃで、アンディもそれにならってレックスに強い恐竜の役をさせていますが、実はレックス本人の性格は全然ティラノサウルスらしくないということをトイ・ストーリー1作目のレックスの記事で考察しました。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】全然ティラノサウルスらしくないレックスが持つたくさんの魅力と、たった1度だけした反乱

 

今作の冒頭の西部劇のシーンはアンディのごっこ遊びの空想なので、やはりその時のレックスもいかにもティラノサウルスらしいです。

 

大迫力で登場し、ポテトヘッドの一味やおさるの大群に力強く吠えていました。

 

アンディが今作のラストで、レックスのことを「地球上で1番恐ろしい恐竜なんだぞー!」と言っていることからも、時がたっても変わらずアンディはレックスに対して、The ティラノサウルスのイメージを持っていることが伝わってきます。

 

ですが今作の冒頭のレックスには、レックス本人の性格らしい行動も伺えます。

 

それは、上空のハム号を見つけ「あ?」と言うところと、おさるの大群に力強く吠えるがその後あっさりやられてしまうところです。

 

このふたつの点はレックス本人の性格とあまり違いがないところかなと思います。

 

その点では、アンディのレックスに対する認識が少し変わったのかもしれません。

 

それもあってか、今作の冒頭で流れるホームビデオの映像では、アンディの前でもおとぼけなレックスが自然に表れてきているなと思いました。

 

それは、モリーの誕生日の時にレックスの目が帽子で隠れてしまっているところと、アンディから口にポップコーンを入れられてもそのまま落としてしまうところです。

 

少し抜けているようなところが、なんともレックスらしいなと思いました。

 

ちなみに、アンディがボニーにレックスのことを紹介する時、アンディは「がおー!がおーー!」と言っていますが、トイ・ストーリー1作目の冒頭でもアンディは、「こっちには恐竜がいる、そんな犬などイチコロだ!がおがお」と言っていたので、アンディにとってのレックスの鳴き声は「がおがお」のようです。

 

レックスのアンディに対する想い

 

そんなレックスも、アンディのことが大好きのようです

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • アンディから触ってもらった時、「僕に触ってくれた!アンディ僕のこと、持ったんだよ!」と言い、とても喜んでいる様子

 

  • ウッディが「運が良ければアンディに子供が産まれる」と言うと、レックスは「そしたらまた遊んでもらえるよね」と言っているので、アンディとまた遊びたいという想いが伝わってくる

 

  • 「アンディはきっと、僕たちのことなんかもう忘れてる。」と寂しそうに言っているので、本当はアンディに忘れてほしくなかったという想いが伝わってくる

 

  • 「アンディはこんな遊び方しなかった」と嫌そうに言っているので、アンディとの遊びが好きだったことが伺える

 

  • アンディが自分たちを探していることを知った時、「僕たちが大切なんだね!そうだよ!!だと思ってた!!」と言いながら両手を上げはしゃぎ出し、その後「あーーーはははははははは!!うふ、うふははははは!!」と大笑いしながらリトル・グリーン・メンを持ち上げジタバタしながらはしゃいでいる

 

レックスがアンディのことを大好きなのがとても伝わってきます。

 

触ってもらえただけで大喜びしたり、アンディとの未来に期待したり、忘れてほしくなかったり、アンディとの遊びを思い出したり、自分たちを探していることを知り全身で喜びを表現したり…

 

心から大好きだからこそできることばかりだと思います。

 

そんなアンディのことが大好きなレックスなので、映画ラストでアンディとさよならをするシーンでは、とても辛く悲しく寂しかっただろうなと思います。

 

アンディが車で去るシーンのレックスは、アンディのことを切なそうにじっと見つめ、ゆっくりと手を振っていました。

 

レックスのアンディへの想いがとても伝わってきます。

 

持ち主に対する溢れんばかりの愛情とその表現の仕方は、レックスのとても素敵なところだと思うので、これからはそれがボニーに向けられていくのだろうなと思います。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/アンディ徹底考察】実は冒頭から描かれていた、アンディのおもちゃたちへの想いなどの考察

 

素直なレックス

 

レックスは目の前の状況を素直にとらえることが得意なようです。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • 保育園という言葉を聞き、「保育園って何?」とすぐにウッディにきく

 

  • ウッディが保育園の話をしている時に、「ねぇどんなとこなの?」ときく

 

  • サニーサイドを見て「とってもいい場所だよ、ドアに虹が描いてあるもん」と言っている

 

  • ちょうちょ組に着き、ジェシーに「見て」と言われるが、箱の後ろにいるレックスは全然見えず、「何!?何なの!?」「あー、見えないよー」と言い続け、限界がきたのか「僕にも見せて!僕の番ーー!!」と言いながらみんなのことをかき分け無理やり前に行く

 

  • ゴミ捨て場でスリンキーが向こう側に届いた時、「やったー」と言い両手を上げている

 

  • 焼却炉の明かりを見て、「ウッディ、見てー、お日様の光だよ、僕たち助かったんだー!」と言い、笑顔で拍手している

 

レックスが目の前の状況を素直にとらえて、発言したり行動したりしているのが伝わってきます。

 

レックスはこの行動の仕方で生きていると言っても過言ではないと思うので、他のシーンでもレックスに注目して見てみると、レックスの素直さが伝わってきて楽しめると思います。

 

驚くレックス

 

そんな目の前の状況を素直にとらえるレックスなので、驚く時もしっかり驚きます。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • アンディの携帯が靴下から出てきた時、両手を上げて驚いている様子

 

  • 持っている携帯が鳴りだして、とても驚いている様子

 

  • Mrs.ポテトヘッドが「それにガラクタって言ったわ!!」と言いながら段ボールの淵を両手でドンッと叩いた時に、レックスが‘‘びくっ‘‘としている

 

  • バズがスペイン語モードになりウッディのことをレーザーで打った時、‘‘びくっ‘‘としている

 

レックスが驚きやすい性格なのが伝わってきます。

 

素直だからこそ、大きな音にもびっくりしてしまうのかもしれません。

 

毎回恒例のレックスのおとぼけ

 

前2作でもとんでもないおとぼけを見せてきたレックスですが、今作でもそのおとぼけは全開でした!

 

そのことがわかるシーンはこちらです!

  • アンディが携帯をしか触ってないのに、あまりにアンディのことが好きすぎてなのか、レックスも付いて行ってしまうおとぼけ感

 

  • しかもアンディがレックスのことを離そうとしているのに、中々離れない

 

  • ゴミ袋に鼻先を押し付け「破れないよー!」と良い、その後はキョロキョロしあたふたするだけのおとぼけ感

 

  • バズを捕獲するための作戦で牢屋の中でハムとケンカする時、作戦がばれてはいけないのにバズの方をちらっと見て確認してしまうおとぼけ感

 

  • 静かにしないといけないのにバズに大声で「あのね!誰にも聞こえない!!」と言ってしまうおとぼけ感

 

前作に勝るとも劣らないおとぼけ感が満載でした!

 

レックスの人気の理由はこういうところからきているのかもしれません。

 

レックスのおとぼけはまだあり、アンディの家の前まで無事に帰ってきて待機している時、レックスは頭の上にバナナの皮をのせていました。

 

トイ・ストーリー2で夜の住宅街を進む時、レックスはたくさんの葉っぱで身を隠していたので、今回もバナナの皮で隠れているつもりなのかもしれません。

 

レックスのこういうところもおとぼけでかわいいところかなと思います。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー2】レックスの大好きなものや癖、遂に出たティラノサウルスらしさなどの考察

 

レックスの癖‘‘手をもごもご‘‘

 

レックスは前2作で、手をもごもごさせる癖がありました。

 

短い両手を真ん中に寄せて、もごもごすりすりさせます。

 

その癖ですが、今作では至る所でしています。

 

全てのシーンを書くととても長くなってしまうので、確認しやすいシーンを抜粋してお伝えします。

  • スタッフミーティングを開く前にスリンキーが「みんな集まってるぜ」と言った時

 

  • ゴミ袋を破るためにみんなから押されてる時

 

  • ゴミ袋を脱出した後、車庫の中で悲しそうな表情になっている時

 

  • Mrs.ポテトヘッドの右目でアンディを見つけた時

 

  • ウッディが「ほっときゃいいさ。仕返しする価値もない。」と言っている時

 

  • ハムが「家まで相当遠いぜ」と言っている時

 

今作でレックスの手のもごもごが確認できるシーンは、これでも3分の1くらいです。

 

他のシーンでもレックスが癖を発動してるので、探してみるのも面白いかもしれません。

 

ちなみに、レックスの特徴的な手の姿がもうひとつあります。

 

それは、‘‘右手の親指を左手でつまむ‘‘というものです。

 

それが確認できるのは映画終盤、サニーサイドのゴミ捨て場でロッツォと対面するシーンです。

 

レックスたちの背後からストレッチが迫ってくるシーンでレックスがアップになるので、そこが確認しやすいと思います。

 

ですが‘‘レックスが右手の親指を左手でつまむ‘‘というただそれだけなので、興味のない方はそのためだけに映画を見ると後悔してしまうかもしれません。

 

ですので本当に興味がある方だけ見るようにした方が良いと思います。

 

レックスのしっぽが再び活躍

 

前作のトイ・ストーリー2では、レックスのしっぽが犯行現場のジオラマを壊してしまい、みんなから邪魔者扱いにされてしまうということがありました。

 

ですが、そんなレックスのしっぽがアルのカバンからはみ出したおかげでバズがみんなのことに気付けたということもあり、レックスのしっぽは短所にも長所にもなりうると思うのです。

 

そんなレックスのしっぽですが、今作では長所になり活躍しました。

 

それはレックスたちがゴミ袋に入れられてしまったシーンで、そこから脱出するためにバズたちはレックスの尖ったしっぽでゴミ袋を破ろうと試みていました。

 

レックスのしっぽを使ってゴミ袋が破れたシーンは描かれていませんが、レックスたちが無事にゴミ袋から脱出したのを見ると、きっとレックスのしっぽが今作でも活躍したんだろうなと思いました。

 

レックスの怒り

 

レックスが怒りを露わにすることはほとんどありません。

 

トイ・ストーリー1作目で1度だけウッディに反乱したことがありますが、それだけです。

 

そんなレックスが今作では怒りを露わにするシーンがあります。

 

それはゴミ袋を無事に脱出し行き着いた車庫でのことです。

 

バズが「みんな落ち着け、カッカしている場合ではない」と言った時、レックスはこう言います。

 

「カッカしなきゃダメなのーー!!」

 

あまりレックスらしい言動には見えません。

 

でもそれくらいレックスはアンディに捨てられて悲しかったのだと思います。

 

高いところから飛び降りるのが苦手なレックス

 

前作のトイ・ストーリー2では、レックスは高いところから飛び降りるのが苦手で、さらには着地も苦手でした。

 

そんなレックスなので、今作でサニーサイド行きの箱に入る時も、「うぅぇ」と言いながら落っこちるように入っています。

 

ですが、‘‘アンディと遊ぼう大作戦‘‘が失敗しおもちゃ箱から出てくる時は、ぎりぎり上手に降りていて驚きました。

 

さらには、いもむし組でバズが天井近くの小窓を目指してアクションを決める時、レックスは高い棚から飛び降りる役ですが、その時も割とスムーズに飛び降りていて、本当によく頑張ったなと思いました。

 

レックスらしさとレックスの成長が少し感じられるところだと思います。

 

遊んでもらうのが大好きなレックス

 

レックスは子供たちに遊んでもらうことが大好きなようです。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • ロッツォに「ここのおもちゃは毎日遊んでもらえるんですか?」と聞いている

 

  • 「遊ぶの!?子供たちと!?もう待ちきれなーい!!」と言っている

 

  • 「早く遊んで欲しいな、何でこういう時って時間立つのが遅いの?」と言っている

 

  • Mr.ポテトヘッドの「子供たちと遊ぼうぜ!」に頷いている

 

  • 子供たちと遊ぶ前に「うはぁ、もう待ちきれない!」と言い、「わぁはは!」と言いながらドアの前でそわそわしている

 

  • 保育園のベルが鳴った時、「やっとだ!やっと遊んでもらえるよ!!おいで良い子たち!」と言いながらドアの前でスタンバイしている

 

レックスの‘‘子供たちに遊んでもらいたい!‘‘という想いがとても伝わってきます。

 

おもちゃにとって切実な想いを素直に表現しているレックスは素敵だなと思いました。

 

ウッディのことが大好きなレックス

 

前作のトイ・ストーリー2でウッディがヤードセールに向かった時、レックスは「行かないでウッディ!大好きなんだーーー!!」と言っていました。

 

レックスはウッディのことが大好きなのが伝わってきます。

 

そんなレックスですが、今作でもウッディのことが大好きなのが伝わってきます。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • アンディのもとに帰ろうとするウッディにスリンキーが「ここに残れよ」と言ったのに続き、レックスは「そうだよ、みんな一緒に!」と言っている

 

  • その後ウッディが去ってしまい、下を向いて落ち込んでいる様子

 

  • ウッディが助けに来てくれた時、「はぁ!ウッディ!」と言ってすぐ走り出し、ウッディの姿を見て嬉しそうに両手を広げて飛び跳ねている

 

  • その後、ウッディの右足に抱き着いている

 

レックスがウッディのことを大好きなのが伝わってきます。

 

今作の終盤、アンディの部屋でウッディとお別れする時に、レックスはウッディにこう言います。

 

「ウッディ、アンディをよろしく」

 

大好きなアンディのことを大好きなウッディにだったら任せられるなと思い、レックスはウッディにこのように言ったのではないかなと思います。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】ウッディの想いの全ての考察 ~伏線だらけのウッディ~

 

ケンカが嫌いなレックス

 

トイ・ストーリー1作目でレックスは「ええとぉ僕はそのぉ、ケンカは嫌いなの」と言っていましたが、今作ではおもちゃ同士で揉めるシーンが何回かあります。

 

その時レックスはどのようにしていたのでしょうか。

 

基本的には黙って話を聴いていて、わからないことがあったら口に出すようです。

 

ですが、サニーサイドでウッディとバズやジェシーが揉めている時はさすがにレックスも戸惑ったようで、周りをキョロキョロ見て、両手をくっつけたり離したりを繰り返していました。

 

怯えるレックス

 

レックスは前2作でも怯えているような姿を見せてきましたが、今作でも度々怯えているような姿を見せています。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • DEMOモードにされたバズが牢屋の前で宿泊施設の説明をしている時

 

  • 牢屋の前でロッツォが「ここにはここのやり方ってもんがある」と話している時

 

  • ゴミ収集車の中で、取り残されたジェシーをバズが助けているのを見ている時

 

どのシーンもとても怯えているような表情をしています。

 

レックスの気弱な部分が出てきているシーンだと思います。

 

あと怯えるとは少し違うかもしれませんが、アンディの家に帰ってきてみんなで水浴びをする時、レックスは水を嫌がっている様子です。

 

水を冷たがっているのか水に怯えているのかわかりませんが、その時のレックスもとてもかわいいです。

 

割と強く言い返すレックス

 

レックスは前2作で主にハムとMr.ポテトヘッドから責められることが多いですが、その時は怖気づいてしまうか、言い返すとしてもやんわりと言っていました。

 

ですが今作では割と強く言い返すシーンがあります。

 

それはバズをリセットするために穴に指を入れたことで、バズがスペイン語モードになってしまった時です。

 

その時レックスはハムから「おい何したんだよ!」と言われますが、レックスは「言われた通りにしただけだよ!」と割と強めに言い返しています。

 

この変化はレックスにとっては大きな変化だと思います。

 

ハムとの信頼関係が良くなったようにも取れますし、レックス自身が自分を責める相手にもはっきり気持ちを伝えられるようになったとも取れます。

 

どちらにせよ、素晴らしい変化だと思います。

 

レックスがハムとMr.ポテトヘッドと手を繋ぐということ

 

そんな前2作でハムとMr.ポテトヘッドから責められることが多かったレックスですが、焼却炉のシーンではそのふたりと手を繋ぎます。

 

右手はハムと、左手はMr.ポテトヘッドとです。

 

ハムもレックスに手を伸ばしていますし、Mr.ポテトヘッドもレックスの目を見て手を繋いでいます。

 

そしてレックスもMr.ポテトヘッドの目を見ています。

 

このことからも、レックスとハムやMr.ポテトヘッドとの信頼関係が良くなっていることが伺えます。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】ハムのアンディやウッディに対する想いと、前2作からパワーアップしたハムの特技などの考察

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】Mr.ポテトヘッドと様々なキャラクターの関係性の変化や、怒りの感情などの考察

 

少し勇敢になったかもしれないレックス

 

トイ・ストーリー2でウッディを助けに行くために屋根の上を歩いている時、レックスは下を見て足取りが少し重そうでした。

 

ですが今作のラストでアンディの部屋に帰って来た時は、屋根の上をすらすら歩いていました。

 

トイ・ストーリー2での経験と今作での経験を通して、少し勇敢になったのかもしれません。

 

レックスのウッディを見つめる表情

 

レックスがウッディに対して箱に入るシーンは2回あります。

 

1回目はアンディのママの車でサニーサイド行きの箱に入る時で、2回目はアンディの部屋で屋根裏行きの箱に入る時です。

 

どちらのシーンのレックスも、ウッディを見つめる表情はほぼ同じに見えます。

 

少し切なそうな表情でウッディのことを見ています。

 

ですがレックスの気持ちは、全く違うものだと思います。

 

1回目の時は、アンディに捨てられた悲しさからウッディのことを信じることができず、仕方なくサニーサイドに行くことにしたというような表情に見えます。

 

ですが2回目の時は、自分はアンディのおもちゃだから屋根裏部屋にいるし、ウッディと離れ離れになるのは悲しいなというような表情に見えます。

 

ウッディに対して箱に入るということと、その時のレックスの表情は同じなのに、レックス自身の気持が変化していることが読み取れるシーンだと思います。

 

レックスの恐竜ともだち

 

トイ・ストーリー1作目の最初で、レックスはこう言っていました。

 

「アンディが別の恐竜もらったら!?こわーいやつ!お前なんかいらないって言われちゃったら僕どうしよう。」

 

そんなレックスですが、トイ・ストーリー1作目のラストではこう言っています。

 

「アンディ別の恐竜をもらうかもよ、草食のやつ。そしたら僕、肉食だぞーって威張っちゃうんだけど!」

 

 

そんなことを言っていた時から長い時間が流れ、遂にレックスに恐竜のともだちができます。

 

それはボニーのおもちゃのトリクシーです。

 

しかもトリクシーはトリケラトプスがモデルで、草食恐竜です。

 

レックスとトリクシーの、肉食恐竜と草食恐竜コンビの誕生です!

 

レックスはトイ・ストーリー2ではテレビゲームに夢中になっていましたが、なんとトリクシーはコンピューターゲームが大好きで、ふたりはとても気が合うようです。

 

エンディングでは一緒にゲームをプレイしていました。

 

トイ・ストーリー2のレックスは、自分の手が小さいのでボタンを同時に押せないことに悩んでいたようですが、トリクシーとゲームをしている時も「僕の腕じゃ届かないんだよー」と言っているので、相変わらずのようです。

 

そんなふたりはエンディングでバズとジェシーが踊っている時も一緒に並んでリズムに乗ったり、目を合わせたりと、とても楽しそうです。

 

レックスはアンディが車で去るのを見つめた後、すぐにトリクシーに話しかけていたので、一目見た時から同じ恐竜として気になっていたのかもしれません。

 

今後のレックスとトリクシーのコンビに注目です!

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/トリクシー徹底考察】トリクシーの性格や特技、レックスとの関係などの考察

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のレックスについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

前2作から引き継がれているレックスらしさが今作でもたくさん描かれていて、とても嬉しかったです。

 

今作を通してレックスというキャラクターが、より一層魅力溢れるキャラクターになったと思います。

 

そしてレックスの新たなともだちであるトリクシーとの掛け合いも、今後楽しみだなと思います!

 

この記事を通して、レックスを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー】全然ティラノサウルスらしくないレックスが持つたくさんの魅力と、たった1度だけした反乱

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー2】レックスの大好きなものや癖、遂に出たティラノサウルスらしさなどの考察

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    私はとにかく今後のレックスとトリクシーのコンビが楽しみです!

    それにしてもレックスかわいい(*^^*)