スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3/スリンキー徹底考察】ウッディに対する複雑な想いと、勇敢さや冷静さなどの考察

トイ・ストーリー3

 

こんにちは!PIXAR大好きHirotoです!

 

今回はそんな自分が

トイ・ストーリー3スリンキー
について考察したいと思います!

 

スリンキーといえば、トイ・ストーリーの人気キャラクターですよね!

 

前2作ではウッディに対する想いが強かったスリンキーですが、今作でもウッディに対する想いが随所に見られるのはご存知でしょうか?

 

スリンキーは毎回、他のキャラクターと比べるとセリフが少ないので、注目される機会も少ないのかなと思いますが、そんなスリンキーにあえて注目してみると、スリンキーの性格が見えてきてとても面白いなと毎回思います。

 

今作ではスリンキーのウッディに対する想いや前作との類似点、そしてスリンキーの勇敢な部分や冷静な部分などを見つけました。

 

その他にも細かい点を色々見つけたので、そのようなことを含めて考察していきたいと思います。

 

このサイトでは映画のスクリーンショットやキャラクターの画像、イラストなどを一切使用しておりません。理由はそれらのコンテンツはすべて©DISNEY/PIXARの著作物だからです。ご了承下さい。

 

スポンサーリンク

 

スリンキーの基本情報

  • 名前:スリンキー・ドッグ (SLINKY DOG)

 

  • 声:永井一郎 (原語版:BLAKE CLARK)

 

  • 初登場作品:トイ・ストーリー (原題:TOY STORY) 1995年公開 (日本では1996年)

 

  • ダックスフントのおもちゃで、胴体としっぽがバネになっている

 

  • アンディのおもちゃ

 

  • ウッディのことが大好きで、とても信頼している

 

  • 胴体のバネがいつも大活躍する

 

スリンキーのキャラクター紹介はディズニー公式サイトでもされています。

 

スリンキーのウッディに対する信頼

 

前2作でスリンキーはウッディのことをとても信頼していましたが、それは今作でも変わらずのようです。

 

それはスタッフミーティングの途中で軍曹が逃げ出した時、スリンキーが「屋根裏に行くんだろ?」と言っていることからなんとなく伝わってきます。

 

今作のウッディは冒頭から‘‘アンディは自分たちを屋根裏にしまう‘‘とみんなに言い続けていました。

 

ウッディのことをとても信頼しているスリンキーなので、きっとウッディのその言葉も信じていたんだろうなと思います。

 

だからこそ軍曹が逃げ出して他のおもちゃたちが捨てられると騒ぎ出した時に、スリンキーだけ「屋根裏に行くんだろ?」と言ったのだと思います。

 

冒頭からスリンキーのウッディに対する信頼が伺えます。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー】スリンキーが感じた悲しみと喜び ~誰かを信じるということ~

関連記事>>>【トイ・ストーリー2】スリンキーはウッディの正体を知っていたようなので考察します

 

ウッディのことを信じきれないスリンキー

 

そんなウッディのことをとても信頼してきたスリンキーですが、アンディは自分たちを屋根裏にしまおうとしていたというウッディの主張には何も言わず、ただ切なそうにサニーサイド行きの箱に入って行っていました。

 

サニーサイドでウッディがアンディのもとに帰ると言った時も、スリンキーは一歩も動かずウッディには付いて行きませんでした。

 

前2作のスリンキーを見ていると、ウッディの言っていることを信じたり、ウッディに付いて行ったりするのかなと思ったのですが、その予想は当たりませんでした。

 

スリンキーは自分はアンディに捨てられたと思っているので、帰ったところで居場所がないという状況がおもちゃとして怖かったのかなと思います。

 

それぐらい悲しくて怖いから、ウッディが言っていることも信じ切ることができなかったのかな思います。

 

ずっとウッディのことが大好きなスリンキー

 

前2作でスリンキーはウッディのことが大好きでしたが、そのことは今作でも描かれていると思います。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • ウッディが屋根裏の良さをみんなに伝えていて言葉が詰まった時、スリンキーはバズに続いて「それに古いテレビも」と言いフォローしている

 

  • いもむし組でウッディが話し始めた時、誰よりも先に気が付いている

 

  • その後、ウッディがアンディのもとに帰ると言った時、すごく悲しそうな表情をしている

 

  • その後、ウッディとジェシーたちが揉めている間は、ずっと悲しくて切なそうな表情をしている

 

  • ウッディが去ったすぐ後のいもむし組の部屋で、スリンキーはとても悲しそうな表情をしている

 

  • ウッディがサニーサイドに助けに来てくれた時、笑顔で走り寄りウッディのことを回転させながら胴上げし、笑顔でウッディに抱き着いている

 

  • 磁石の天井から降りてきたウッディに近づき、微笑みかけている

 

  • 焼却炉ではウッディと手を繋ぎ、目を閉じる時もウッディの方に顔を寄せている

 

  • アンディの部屋でウッディとさよならする時、スリンキーだけウッディに握手の手を差し伸べている

 

  • その後箱の中に入り込む前に、ウッディのことをとても悲しいんだけど無理して笑っているような表情で見ている

 

スリンキーが前2作に引き続き、ウッディのことが大好きなことが伝わってきます。

 

ウッディのことを信じきれず付いて行くことができなかったスリンキーですが、その後もウッディのことが大好きなんだなと思える言動がたくさんあったので、やはりスリンキーはウッディのことが大好きなようです!

 

そんなスリンキーなので、サニーサイドとアンディの部屋でウッディとさよならする時はとても辛く悲しかっただろうなと思います。

 

ですがこれからもボニーのもとでウッディと一緒にいられるので、スリンキーもとても喜んでいると思います。

 

関連記事>>>【トイ・ストーリー3】ウッディの想いの全ての考察 ~伏線だらけのウッディ~

 

勇敢なスリンキー

 

そんなスリンキーの勇敢さが伝わってくるシーンがあります。

 

それは冒頭でアンディの声が聞こえてみんなでおもちゃ箱に戻る時、外に取り残されているリトル・グリーン・メンたちを身を乗り出し素早く救っているところです。

 

リトル・グリーン・メンはジャンプすることができないので、彼らにとって段差は強敵なのです。

 

アンディが迫っている緊迫の中で、自分たちの力ではおもちゃ箱に戻れない彼らのことを救ったスリンキーはとても勇敢でともだち想いだなと思いました。

 

関連キャラクター>>>【トイ・ストーリー3/リトル・グリーン・メン徹底考察】彼らの目的の達成と、前2作の設定を活かしたシリーズの集大成シーン

 

あまり感情的にならないスリンキー

 

スリンキーはアンディからゴミ袋に入れられてから抜け出すまで、ひと言も言葉を発していません。

 

他のおもちゃたちはゴミ袋の中で色々と想いを口にしていますが、そんな中スリンキーは悲しそうな表情をしていたり、状況を冷静に見つめるような表情をしているだけです。

 

ですが無事にゴミ袋を脱出して車庫に行き着いた後はすぐに「アンディに捨てられたぁ」と言い悲しそうにしていました。

 

このことから、スリンキーもみんなと同じで悲しかったが、その感情に身を任せずに冷静に状況を見ていたのかなと思います。

 

今はカッカしなきゃダメだというみんなに対して「違う!!」と強く言っていたことからも、やはり悲しいけど冷静にいようとしているスリンキーの想いが伝わってきます。

 

トイ・ストーリー1作目で、ウッディがバズの片腕を持っていたりラジコンカーをトラックから落とした時も、周りのみんなが感情的になりウッディに攻め寄る中、スリンキーは悲しそうな表情をしているだけで感情的にはなっていませんでした。

 

スリンキーが今も昔も感情的にならずに冷静に自分の気持ちを見れていることが読み取れます。

 

サニーサイドに肯定的なスリンキー

 

そんなスリンキーはサニーサイドにとても肯定的なようです。

 

サニーサイドで箱から飛び出してからいもむし組に移りウッディが話し始めるまで、スリンキーはほぼずっと笑っています。

 

ロッツォに「辛い目にあったようだな」と言われた時は悲しそうな表情をしていますが、それ以外の場面ではほぼずっと笑っています。

 

スリンキーが余程サニーサイドを気に入りっていることが伝わってきます。

 

しっぽを振るスリンキー

 

スリンキーは嬉しい時にしっぽを振る癖があるようです。

 

本物の犬がしっぽを振る時は嬉しい時とは限らないようですが、スリンキーは嬉しい時に振るようです。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • サニーサイドの中をロッツォとケンに案内してもらっている時

 

  • サニーサイドでハムが「子供たちが来るぞ、何十人だね!」と言った時

 

  • バズがアクションを決めて小窓に辿り着いた時

 

  • バズがアクションを決めてゴミ捨て場の扉を開けた時

 

  • ボニーが描いたであろう自分たちの絵を見ている時

 

これらのシーンでは必ずスリンキーは笑っているような表情をしているので、やはり嬉しい時にしっぽを振る癖があるようです。

 

ですが笑っているような表情をしているから嬉しがっているとも限らないので、確実なことはわかりません(*_*)

 

さらにスリンキーの犬らしいところがもうひとつあり、それはアンディの家に無事に着いた時に水浴びをするシーンで見られます。

 

水をかぶったスリンキーがその水を払う姿が、なんとも犬らしいなと思います。

 

スリンキーのバネの重要性

 

前2作で大活躍してきたスリンキーの胴体のバネですが、今作でも大活躍します。

 

そのことがわかるシーンはこちらです。

  • 猿を捕まえる時に、天井からウッディのことを吊るしている

 

  • 前の胴体だけ滑り台から降りて安全を確認し、しっぽでみんなに合図をしている

 

  • ゴミ捨て場で向こう側までジャンプした(ロッツォが来て断念)

 

  • スリンキーのバネが磁石でくっついたからこそ、危険にいち早く気付くことができた

 

  • アンディの家に帰って来た時、2階の屋根に大ジャンプしてはしご代わりになった

 

今作でスリンキーの胴体のバネが活躍する回数は、前2作よりも多いです。

 

今後もスリンキーのバネがどのように活躍していくのか、楽しみです!

 

前作と同じスリンキーの走り方

 

サニーサイドを脱走するために遊び場を横断する時の走り方が、トイ・ストーリー2でウッディを探しに行く途中の夜の住宅街での走り方とまったく同じです。

 

鋭い目をしながら姿勢を低くして素早く走っています。

 

どちらのシーンも、周りを気にしながら急いで進む緊張感がある状況なので、スリンキーが身を潜めながら走る時はこのような走り方になるのかもしれません。

 

まとめ

 

トイ・ストーリー3のスリンキーについて考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今作でも前2作同様、ウッディに対する想いが描かれていましたし、勇敢な部分や冷静な部分なども描かれていて、とても興味深かったです。

 

今後もスリンキーに注目していきたいと思います!

 

この記事を通して、スリンキーを、トイ・ストーリー3を、PIXARを、もっと好きになってもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

そして、トイ・ストーリー3を作ってくださった方々に感謝します。Thank you very much!!

 

スポンサーリンク

 

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー】スリンキーが感じた悲しみと喜び ~誰かを信じるということ~

前の記事へ<<<【トイ・ストーリー2】スリンキーはウッディの正体を知っていたようなので考察します

 

PIXAR作品を見る方法!!

 

  • 「PIXARに興味がでたから、PIXAR作品をもっと見てみたい!!」

 

  • 「PIXAR作品はほとんど見たことがあるけど、まだ見てない作品もあるからそれも見てみたい!!」

 

  • 「PIXARの大ファンだから長編は全部見てるしDVDも持ってるけど、まだ見れてない短編があるんだよね…」

 

そんな想いを抱えているそこのあなた!!

 

あなたのその想い、私に達成させてください(`・ω・´)キリッ!!

 

私はあなたにその想いを達成してほしいので、それが叶うであろうたくさんの方法を実際に私が利用してみて、徹底的にリサーチしてきました。

 

そして、その中からその想いを達成することができるベストな方法を2つ見つけてきました!!

 

すばらしいPIXARの作品の数々をぜひ!!あなた自身の目で!体で!体感してほしいので、ここではPIXAR作品を見るためのベストな方法を2つご紹介したいと思います!!

 

 

その方法は、この2つです。

  • 1つは、DVDを購入する方法

 

  • もう1つは、動画配信サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法

 

まずはDVDについてご紹介したいと思います。

 

「ディズニーが独自に販売しているDVDのことなんて知ってるよ!!」という方は、下の《MovieNEX》という見出しは飛ばし、次の見出し《動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!》からお読みください!

 

MovieNEX

 

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンはPIXARの長編作品をDVD単体やBlu-ray単体では販売しておらず、‘‘MovieNEX’’という独自の商品のみを販売しています。

 

‘‘MovieNEX’’という商品は、主に3つのもので構成されています。

  1. DVDディスク
  2. Blu-rayディスク
  3. Google Play ムービーとYouTubeで本編を視聴できるようになるコード

 

この3つのもので構成されています。

 

DVDとBlu-rayには本編はもちろん、充実のボーナスコンテンツも収録されています!

 

 

ですが!!

 

私がMovieNEXの内容で1番嬉しいと思っているのが、Google Play ムービーとYouTubeの両方で本編を視聴できるようになる‘‘マジックコード’’というものが付いてくることです。

 

この‘‘マジックコード’’をMovieNEXのホームページで入力すると、登録したGoogleアカウント上のGoogle Play ムービーとYouTubeで無制限で本編が視聴できるようになります。

 

つまり、同じGoogleアカウントで紐づけされたスマホ、タブレット、PC、ゲーム機などで、いつでもどこでも本編が無制限で視聴できるのです!!

 

さらに、アンドロイドのスマホであれば、映画本編をスマホ本体にダウンロードできるので、Google Play ムービーのアプリを使ってオフラインでもいつでもどこでも映画を楽しむことができるのです!!

 

この‘‘マジックコード’’はあなたの生活、いや、あなたの人生にまさにマジックを巻き起こすような、とてつもない驚きと感動の体験なのです!!

 

そんなすばらしい体験ができる‘‘MovieNEX’’、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか!!

 

MovieNEX公式ホームページ>>>MovieNEX(ムービーネックス)とは?|MovieNEX公式ホームページ

 

 

ですが…

 

MovieNEXを購入したりレンタルショップでレンタルしたりすると、お金がかかってしまいますよね…

 

そこでおすすめなのが、動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用する方法です!!

 

動画サイトの‘‘お試し期間’’を利用してみよう!

 

動画サイトのお試し期間のご利用については、納得した上で安心してご利用して頂きたいので、最高に最強にわかりやすく丁寧に解説します。

 

解説の内容は、以下の通りです。

  • 本当に支払いは発生しないのか?

 

  • 数多くある動画サイトの中で、どの動画サイトが1番PIXAR作品を見るのに適しているのか?

 

  • なぜその動画サイトが1番適していて、おすすめなのか?

 

  • PIXAR作品はどれくらい取り扱われているのか?

 

  • どのような仕組みで映画を視聴できるのか?

 

  • 言語や画質は選べるのか?

 

  • どれくらいの期間視聴することができるのか?

 

  • 利用する際に注意すべき点はあるのか?

 

などなど、あらゆる要素を網羅し、最高にわかりやすく丁寧に解説します!

 

そのため少し解説が長くなりましたので、別に設けたページで詳しく徹底的に解説しています。

 

お手数をおかけしますが、そちらのページに行っていただき、お読みいただけると嬉しいです(*´ω`*)!

 

動画サイトのお試し期間を詳しく解説したページはこちら>>>PIXAR作品に最も適した動画サイトの‘‘お試し期間’’を徹底解説!!

 

スポンサーリンク

コメント ぜひ感想をお聞かせください

  1. Hiroto Hiroto より:

    (この記事を書いた本人です)

    スリンキーのウッディに対する気持ちに少し変化が見られたのが興味深かった!